JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

この秋から会社の給与体制が変わるということで先日説明会を聞いてきて、新給与になると旧給与体制よりもこれだけベースUPにな

質問者の質問

この秋から会社の給与体制が変わるということで先日説明会を聞いてきて、新給与になると旧給与体制よりもこれだけベースUPになるという想定の給与明細も各個人に配布されました。
現在の給与体制での支給項目は基本給と役職給と残業代に加え、その都度休日出勤や出張㈹が支給されるという形でした。
新しい給与体制では年齢給、勤続給、役職給、資格手当という固定給があり、あとは年2回の人事考課での評価により毎回昇給等がされる職能給があります。
この職能給は人事考課でB評価になると号棒というものが2つ上がり、私の場合は2号棒で1800円の昇給になります。S,A,B,C,Dと評価があり、D評価では号棒がマイナスになるのですが、そういった評価をされる事はほとんどないので、毎回必ず昇給されるというものです。
この固定給を提示されたうえで、自分の基本給は43000円ほどの昇給になります。しかし、旧給与と新給与による支給総額に大きなギャップが発生する場合に暫定期間(年)、是正した支給をする調整給というものが定められ、私の場合は初年度、毎月40000円の減額になるそうです。
それだけでは昇給された額の方が多いので、基本的にはベースUPになるのですが、旧給与からベースUPになるのには、50時間以上の残業をした月に限られます。
仕事上、繁忙期と閑散期があり、繁忙期の残業は60時間を越えることもざらですが、閑散期に至っては10時間もしないくらいです。
基本給をベースに残業㈹の時給も変わるため、一概に旧給与と新給与を比べるのも難しいですが、ざっと計算しても毎月50時間以上の残業をしなければベースUPにはなりません。
各個人の職務遂行能力や評価によって、格差の是正に繋げ、更なる士気向上につなげるとしていますが、能力や評価に‼に見合った支給をされるのに、旧給与とのギャップがあるので、毎月40000円減額されるというのが納得できません。
この減額は初年度は月40000円、2年目は月26667円、3年目は月13333円となっており、4年目には減額はなくなるそうです。しかし、3年間で合計960000円も減額されるなんておかしくありませんか??
こういった事はよくある事なんでしょうか?法律的に問題はないのですか?
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 10 ヶ月 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士の srlee と申します。

会社の給与体系が変更になり、調整給ということで、給与が月に4万円減額になるのですね。

納得がいかないというお気持ち、お察しいたします。

残業が少ない月は実態として給与が下がるようであれば、労働条件の不利益変更となります。

給与額のような重大な労働条件について、労働者の不利になるような変更をする場合には、ひとりひとりの同意をとる必要があります。

会社の勝手にはできません。

就業規則の変更で一律に労働条件を不利益変更することも、まったく不可能ではないですが、その変更に高度な合理性があることが求められます。

給与体系を変更することは、他の会社でもあることですが、いままでより給与額が下がらないように、また下がる場合は、必要性を説明し、社員に納得してもらう必要があります。

会社に「新給与への変更は、同意できない」と申し入れをし、会社側が応じない場合は、行政の力を借りて、紛争調停をしてもらうという方法があります。

窓口は、労働基準監督署にある、総合労働相談コーナーです。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/roudou-soudan.html

または、法テラスで弁護士に相談するということもできます。

http://www.houterasu.or.jp/tokyo/

会社に申し入れをしたり、労働局に相談するときには、なるべくおひとりではなく、同じような立場の同僚などと複数で行動したほうがよいでしょう。

個人で加盟できる労働組合(ユニオン)に相談するという方法もあります。

インターネットで検索すると、いくつか出てくるかと思います。

回答は以上となります。

不明な点がある場合は返信して下さい。補足してご説明します。

この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いします。

ありがとうございました。

専門家:  srlee 返答済み 10 ヶ月 前.

回答をご覧になりましたら、返信または評価をお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問