JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 279
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

配置転換について 私は定年65歳の勤務先で勤続35年で61歳です

質問者の質問

配置転換について
私は定年65歳の勤務先で勤続35年で61歳です
今日面談があり急遽配置転換を言い渡される可能性があります。
何とかもう少し頑張りたいと考えています。
両親の介護などで現状の勤務状態でなければやっていけません。
今の部署の正規の時間にほとんど帰宅できます。家庭では施設に母が入って月18万
父は介護1で家にいて週3回ディサービスに通ってます。
そちらもお金がかかります。
正規に帰宅しないと両親の対応ができなくなります。
配置転換を断ることはできないのでしょうか
兄弟・こどももいなく自分ひとりしか対応する者がおりません。
どのような判断をすればよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 10 ヶ月 前.

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

育児介護休業法第26条「事業主は、その雇用する労働者の配置の変更で就業の場所の変更を伴うものをしようとする場合において、その就業の場所の変更により就業しつつその子の養育又は家族の介護を行うことが困難となることとなる労働者がいるときは、当該労働者の子の養育又は家族の介護の状況に配慮しなければならない。 」としていますので、配慮を求めたほうが良いでしょう。判例では配置転換は介護があっても拒否できないとされることが多かったですが、法改正が来年あり、高齢化などの事情からこの傾向は変わってくると思われます。

要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者が申し出た場合には、事業主は1か月24時間、1年150時間を超える時間外労働をさせてはいけないといった法律もあります。

雇用・労働 についての関連する質問