JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

ややこしい質問ばかりで申し訳ございません。 これから、就業規則等作らねばと思っているところですが、

質問者の質問

ややこしい質問ばかりで申し訳ございません。これから、就業規則等作らねばと思っているところですが、
当方、歯科クリニックを経営しておりまして、
週40時間内で、一月の変形労働と言うことで
労働時間を決めていこうと思うのですが、朝8:30~20:30(12:00~2:30まで昼休み)
木、土は午前12時まで
で診療しております。
従業員は、朝からの日と昼からの日とのシフト制です。お尋ねしたいのは、
朝から出勤の日の場合
片付けもありますので、12時半から13時半までは、昼食時間として労働時間に入ると考えて
おりますが、
残りの1時間は労働時間とは考えずでいいのでしょうか??
拘束しなければ・・・と言うことでしたら
昼食時間からの行動は自由にしていただいてもいいと思っておりますが・・・所定労働時間を決めるにあたり
悩んでおります。宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご指名いただきありがとうございます。

社労士の srlee です。

昼休みが12:00から14:30 までということですが、その間、職員の方が自由に過ごしてよいということであれば、全部休憩時間としても構いません。

電話番などの必要があれば、交代制にして、電話番をしている時間(昼食を取りながらでも、また、実際には電話がかかってこなくても)は、労働時間とします。

休憩時間について、労働基準法で決まっているのは、次のようなものです。

・労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分

・8時間を超える場合は少なくとも1時間

・労働時間の途中に与える

・一斉に与える(歯科クリニックは保健衛生業なので、この項は適用外)

休憩時間が長い分には、とくに法的規制はなく、また分割して与えてもだいじょうぶです。

回答は以上となります。

不明な点があれば、ご返信をお願いします。

参考になりましたら、評価をお願いいたします。

いつもありがとうございます。

srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;丁寧に教えて頂きまして有難うございます。
確認ですが、
では、8:30出勤で20:30までの勤務で、
12:30~14:30まで自由な休息をとるようにしましたら
週40時間の中での10時間として計算すればいいと考えて宜しいでしょうか??では、お昼出の日は14:30出勤20:30までなので
6時間になりますが、この場合は拘束の45分休憩を与えると言う事で、
違反はせずと
考えて宜しいでしょうか??いつも的確にお答え頂きまして大変助かっております。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

朝出のシフトについては、おっしゃるとおりです。

昼出のシフトについては、休憩は法律上は45分でよいですが、従業員の自由にさせる必要があります。

電話番や、患者さんの応対など、なんらかの仕事がある場合は、労働時間になります。

また、もし現在45分以上の休憩を与えているとすると、休憩時間の短縮は、労働時間の不利益変更になる可能性があります。

従業員にじゅうぶん説明し、同意をとったほうがよいでしょう。

回答は以上となります。

ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問