JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

先月以前勤めていた会社を退職しました。この会社は8月に賞与があるのですが、今日会社を訪ねた所残りの給与は支払ってくれまし

解決済みの質問:

先月以前勤めていた会社を退職しました。この会社は8月に賞与があるのですが、今日会社を訪ねた所残りの給与は支払ってくれましたが、賞与は払えないとことでした。昨年の夏の賞与お明細を見ると夏季賞与は前年11月~当年6月の勤務をもとに支給すると明記してあります。請求は可能でしょうか
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 賞与の請求は可能かどうかということです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

勤めていた会社の就業規則にもし賞与の「支給日在籍要件」の定めがあればそれに従うというのが判例では優勢です。支給日在籍要件というのは例えば就業規則に8月15日に在籍した者に賞与を支払うとなっていれば、8月15日に在籍している者には賞与を支払わなければいけないというものです。この就業規則の場合は8月15日に在籍していない者には支給しなくて良いことになります。なので、勤めていた会社の就業規則を見せてもらうのが良いでしょう。会社に聞くだけでは本当のことを言わない可能性があるので実際に見せてもらうのが良いです。8月15日の数字は支給日在籍要件がある場合の例えでして、会社によっては支給日在籍要件が7月15日とか違う日もあります。もし、会社が就業規則を見せてくれなければ労働基準監督署に就業規則の控えがあるので閲覧を申し出てみると良いでしょう。就業規則は従業員に周知していることが必要です。もし周知していなければ仮に就業規則に支給日在籍要件が書かれていても無効となります。「昨年の夏の賞与お明細を見ると夏季賞与は前年11月~当年6月の勤務をもとに支給すると明記してあります」とのことで、支給日在籍要件のことを知らず賞与が支払われるものとご認識されていたのであれば、就業規則の周知義務が果たされていなかったのではないでしょうか。仮に就業規則に支給日在籍要件が書かれていても周知義務違反で争える可能性はあると思います。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。労働基準監督署で確認してみます。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

プラス評価を頂きましてありがとうございます。

労働基準監督署で就業規則の控えを閲覧することは可能ですが、労働基準監督署は「先に会社に閲覧を求めて見せてくれない場合に控えを見せます」と言ってくる場合があります。

雇用・労働 についての関連する質問