JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

相談させていただきます。 現在、会社に退職したいと伝えましたが辞めさせてもらえません。 試用期間中での退職なのです。

解決済みの質問:

相談させていただきます。
現在、会社に退職したいと伝えましたが辞めさせてもらえません。
試用期間中での退職なのです。
理由としては会社側からハローワークに申請している失業給付を不正受給しろと言われ、フルタイムで働いているのですがハローワークに虚偽の申告をしろと言われました。
週2〜3のアルバイトと申告しろと。
他にも理由があり、辞めたいと伝えました。
最初は辞めてもいいと言ってもらえたのですが、すぐに会社に呼び戻され考え直してほしいと言われました。
その時に、仕事中にダンプで単独の事故を起こした修理代を会社を辞めるなら大人のケジメとして払えと遠回しですが言われました。
事故の原因としては、現場で逆走してきたダンプを避けた際に私が乗っていたダンプと現場のフェンスが壊れてしまいました。
相手は無事故、無傷です。
会社は本人の単独事故にはダンプの保険をかけていないとのことです。
私自身、大型免許を最近取得し土木関係の会社に勤めるのは初めてです。
この際、会社を辞めることが出来るのでしょうか。
また、修理代は私が全額払わなければならないのでしょうか。
長くなりましたが、よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

試用期間中でも退職はできます。会社からの退職の許可はいりません。試用期間があっても入社当初から期間の定めのない労働契約であり、通常の試用期間ではない場合と同様に民法により2週間前の申し出で退職ができます。

●民法627条
1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

次に修理代についてですが、仕事上で生じた損害については軽過失でしたら原則、労働者に負担義務はありません。
「労働過程上の軽過失については労働関係における公平の原則に照らして、損害賠償請求を行使できないと解するのが相当」
(大隈鉄工所事件 昭和62.7.27日 名古屋地裁)

軽過失ではなく重大な過失があった場合には一定の負担義務が発生する場合があります。ただ、負担義務が発生する場合でも損害額の数割になることのほうが多いです。一般的に会社から請求があっても支払い義務のないケースのほうが多いです。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問