JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

srleeに今すぐ質問する

srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 205
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

≪相談内容≫

質問者の質問

≪相談内容≫
①グループ会社である株式会社AのB代表取締役による直接的な業務妨害、人権侵害、自主退職を促していると思われる行為がエスカレートした。
②それに伴う身体的影響(不眠症、心身症による高血圧症・不整脈)が出始め、通常業務や日常生活に支障が出るようになり、心療内科(水戸メンタルクリニック)への通院が必要となった。
③入社前と入社後における業務に関する食い違いを始め、承諾した内容と異なる点についての説明が無い状況が続き、国の助成金(起業支援型地域雇用創造事業)の不正使用(虚偽使用・報告の作成)など、息子を入社する為に実施するようグループ会社のB代表より求められた。
④労働監督基準局に相談したところ、グループ会社の代表取締役から受ける行為に関して、直接的な雇用関係に該当しないことから、法律的な相談をした方が良いとの回答を得た為、法テラスに相談をした。
⑤現在の所属先、株式会社CのD代表取締役、グループ会社の株式会社A営業部のE部長代理(業務上の直接的な上司)に相談をしたが、改善には至らなかった。
※自主退職(業務妨害・人権侵害)を促してきている件については、両社の営業部に所属する職員は、私以外でB代表の息子しかおらず、業務上での当て付けが私自身に向いている可能性がある。(所属は両社ともに1名という形式で営業部職員を設置)また、息子を入社させるにあたり助成金の不正使用を行っており、私自身に実担当者になって欲しいと要請があった。
その為、現在、グループ間同士で生じている揉め事に対し、不利に成りえる事項を知っていることもあり、早めに私自身を排除したいという思惑があるように見受けられる。
※B渡邉代表は、株式会社Cと同社のD代表(株式会社Aの総務取締役を兼任)を株式会社Aから切り離したいと考えており、私がD代表から相談を受け、外部に相談(株式会社Cの存続について)していることを知り、相談相手のみに暑中見舞いという形式で、社内で問題は生じていないなどの弁解文を送付、私の直上司にはメールで「寝首を掻かれる恐れがある」などの通知をしていることから、私の存在によって、今後の後継問題に影響が出ると考えての行動と見受けられる。
※過去にも営業部で雇用した職員は、入社後、B代表と意見が合わずに退職していった旨の話をE中庭部長代理から聞かされる。
≪入社前から現在に至る経緯≫
入社前(2012年3月)、数度にわたり株式会社Aへの入社をB代表から直接誘われる。
翌々月、入社を承諾した後、株式会社Aではなく株式会社Cへの入社に切換えて欲しいと依頼をされる。
不自然に思い、理由及び業務内容などをB代表に確認したところ、同列グループなので雇用体系や業務内容は全く同じである旨の説明を受ける。(同列グループという位置づけではあるが、資本のやり取りはなく系列企業)
併せて、会社都合による入社時期の延長の為、職安に「若者チャレンジ基金」の申請を総務から出させる。一時金も支払われるので、職安を通しての採用に承諾して欲しいと要請される。(雇用側にも助成が支払われる為の行為)
一時金については、対象訓練ではない為、実際には支払われない結果となった。また、正社員待遇ではあるが、訓練基金の関係から1年間の有期雇用扱いとなる。
その旨、B代表に報告をした結果、一時金については「入社後にボーナスなどで調整し必ず支払う」「**さんには損はさせない」との電話・メールで説明をされたが、未だにその説明及び支払いが無い状況にある。
この件については、株式会社CのD代表に相談(2016年7月)をしたが、職安からの一時金については、B代表に必ず出るとは言っておらず、その後の状況につても一切報告をされていないとのこと。勝手に無責任な発言をしたことについて不信感(その場しのぎでの発言)を持つとの回答を受ける。
E部長代理にも相談をしたが、忘れているのか、確信犯か分からないが、B代表自身が支払うつもりはないと感じており、その場しのぎ(支払われないと言われ焦った)で言った発言ではないかとの回答を得る。
8月12日にE部長代理から、B代表に再度確認をしたところ「忘れていた」と回答された旨の報告を受ける。
入社を承諾した経緯は、入社前(2012年4月~5月)にB代表から業務内容の説明を受け、営業部を株式会社A内に設置するが、営業を任せられる職員がいないとの相談をされる。その為、対外的に強い**さんに来てもらえると心強いとの誘いであった。
営業部を設置する理由として、自社製品を製造し完成段階にあるとの話であったが、入社した時点で、聞いていた製品は完成しておらず、営業を実施できる環境にはなかった。
入社後、E部長代理に誘い受けた時の話をしたところ、B代表の中では完成している(直ぐ完成する)と妄想の可能性が大いにあったのではと説明を受け、未だに一部しか完成していない状況である旨の説明を受ける。(同様の思い込み、妄想は頻繁にあるとのこと)
入社前、B代表と会う度に話が変わる為、社内の体制や環境は整っているか確認
を取ったところ、今月(2012年5月)の経営会議で承諾を得ると説明を受けた。その後、社内の環境は整ったとの連絡も受けるが、上記の通り、製品は未完成であった。
B代表と何度かこの件について話をしたが、製品ができないのは担当職員が悪いとの説明のみで、営業部の方向性について、私自身の業務についても回答は無の状態が続いている。
入社後、株式会社Cの業務を実施しながら、当初、話にはなかった株式会社Aの業務を並行して行う状態が続いている。名刺も2社分用意されているが、給与支払いは株式会社Cからのみとなる。(2社間における発注請求扱いとしている為)
入社2年ほど経過し、B代表の息子が入社した頃から業務担当を外されるなど、社内での業務に支障を感じるようになった。
都度、E部長代理に理由を確認するが、B代表の意向とのみ言われる。
顧客が思わしく感じていないという理由よりも、B代表との意見が合わない(考えが硬い)ことの方が可能性としては高いなどの説明を受ける。
顧客からの要望(思わしくない)については、事業自体が揉めている状況であり、B代表から先方が支払うまで強気の対応をして欲しいと指示を受けていた。上司から折衝内容について指摘を受けたこともなく、担当から外される理由とは思えない。外された後、その担当者には息子を切換えている。
業務担当を外される件についても、E部長代理からは、今は我慢して欲しいというニアンスを都度説明される。
※社内会議では、B代表は「息子が萎縮している」という理由を述べているとE部長代理やD代表から報告される。
2016年3月にD代表から、B代表が「**君は仕事に不満がある」「展示会への出展にも反対してくる」など、移動中の車内や昇給昇進の会議で言われたと説明を受ける。(D代表は何か揉め事があったのか心配しての行為)
全くの事実無言で、これまでも展示会への参加を推奨していた側である。
この件については、D代表とE部長代理に異議を申し立てた。E部長代理からも、反対などしたことなく、推奨している側だとD代表に説明している。
E部長代理からは、私が主任に昇格するにあたり、息子が昇格できないことへの当て付けだと説明を受ける。
※この件以外でも、社内会議で報告をすると「聞いている話と違う」「情報と違う」
など、業務報告に対し否定的なコメントをすることがある。その他、営業先に同行した際、「俺に恥をかかせないでくれ」と言うなど、自己都合による主観的な発言をされたことがある。
この頃から、不眠の症状が始まり、5月~6月にかけE部長代理に相談をする。併せて、B代表が私に対する不満が何なのかを確認する。
E部長代理からは、「B代表より対外的に顔も広く動ける為、それに対するやっかみひがみ」「自分が中心にいないと嫌な性格」などの説明を受ける。
D代表にも相談をした結果、同様の説明を受けた。
6月に入り、B代表が取締役会を開催せずに株式比率を変更。その他、一部職員と株の所有や次期代表を任せたい等、役員会で決める事項を勝手に進めるようになり、D代表と問題になる。D代表から状況の説明を共有される。
この件に関し、E部長代理をはじめ状況を把握する人間同士での意見交換が活発になる。
その中で、**=D派だと、要らぬ疑いをB代表にかけられていることをE部長代理から聞く。
7月4日、不眠の症状が著しくない為、心療内科に罹る。
診断結果は、職場環境におけるストレス性の心身症(不眠、高血圧、不整脈、自律神経の乱れ)と説明を受ける。
心身症の症状が悪化し、7月16日に再通院。
2016年7月26日、取引先との折衝業務における異議(業務改善)をB代表
にメールを通じ申し立ての実施を行った。
異議申し立てに対する返答はなく、直属のE部長代理宛に以下のメールが同日届く。
「ようやく言ってくれた」「裏切り者は近くにおけない」「寝首を掻かれる」との内
容記載。E部長代理に届いたメールを見て状況を認識し、そのメールを転送な
り印刷して欲しいと要請をしたが、会社の状況が著しくないので公にしないで欲し
いと言われる。その後、サーバから削除したと言われる。
その後も業務に係るメールをB代表宛に送るが、一切返信をしてこない状況が続いている。
この件についてE部長代理からは、B代表に私自身の状況を含め、改善の話をしたとの説明を受ける。
但し、B代表には悪いなどという認識は全くなく、その為、話し合いをしても何かが変わる可能性は低いとのことであった。私が外部に異議を申し立てると話をすると、それは止めて欲しいと言われる。
8月3日、E部長代理に31日までに現状の改善をしてほしい旨、再度要請する。
8月5日、自律神経の乱れが酷くなり再通院。処方薬が変更となる。
8月12日、E部長代理から「8月18日にB代表とD代表の会談の場を設
けたので、**さんの件については31日以降まで待ってもらえないかと相談され
る。」
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  srlee 返答済み 9 ヶ月 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士・ハラスメント防止コンサルタントの srlee と申します。

グループ会社代表からの業務妨害、人権侵害、退職強要などがひどく、所属している会社の代表や、直接的な上司に相談しても改善されない状況なのですね。

心身症の症状も出ているということ、ご心痛お察しいたします。

実際にパワーハラスメントを行っているのは、グループ会社の社長ということですが、お勤めの会社には、ご質問者様が心身の健康を保ち働けるよう、問題解決に取組むべき安全配慮義務があります。

すでに労働基準監督署や法テラスにもご相談されたということですが、会社とのトラブルを民事訴訟よりも比較的少ない負担で解決する方法があります。

労働局長に助言・指導してもらったり、紛争調整委員会であっせんを受けるという方法です。

http://ibaraki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/kanren_shisetsu/sougou_roudou_soudan/annai02.html

また、労働審判といい、民事訴訟よりも費用や日数がかからず、会社と労働者の間の紛争を解決する方法もあります。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/

また、助成金で不正行為が行われているということ、さらに、ご質問者様に給与を支払っている会社と、直接指揮命令している会社が違うということで、派遣法違反の可能性もあります。

これに関しても、労働局に報告するということもできます。

まずは、ご質問者様の要求項目をはっきりさせることが必要です。

関連会社社長のパワーハラスメントをやめてほしい、謝罪をしてほしい、会社を退職し金銭的な解決を望む等、具体的な内容をまとめてみてください。

また、詳細にいきさつを書いていただいていますので、ある程度メモなどもとっておられると思いますが、いきさつについて、具体的に、いつ、だれが、なにをしたのか(言ったのか)という内容を、時系列で整理しておくことも必要です。

関連会社代表との電話での会話や、実際のやりとりなどを、録音できるようであれば、録音も証拠になります。

相手に黙って録音しても、違法ではありません。

高ストレス状態ですと、ふだんより判断力などが鈍ってしまい、問題解決のための気力も出てこないことが考えられます。

心身症の症状によっては、診断書をとって、しばらく会社を休み休養して、その間に作戦をねって解決のための気力・体力を取り戻すことも選択肢のひとつです。

回答は以上となります。

不明な点がありましたら、返信して下さい。補足してご説明します。

また、この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いいたします。

なお、JustAnswerの質問・回答は公開されています。

会社名や実名などを、匿名にするよう、サポートに連絡しておきますので、ご承知おきください。

ありがとうございました。

srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 205
経験: 早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 9 ヶ月 前.

プラス評価をいただき、まことにありがとうございます。

会社との交渉がうまくいくよう、お祈りしております。

今後もお困りのことがありましたら、ご質問下さい。

できる限りお力になりたいと存じます。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12539;労働監督基準局からは監督外(あっせん含む)と言われてしまいました。
 直接雇用がないので弁護士と相談してくださいとのことでした。
・昨日、弁護士事務所に相談をしましたが、直接雇用がなく、系列会社という位置づけ(顧客)という
 ことになるので、名誉棄損や慰謝料請求も難しいと言われました。
 ※残念ながら、途中で血圧が上がり、最後まで打ち合わせができない状態でした。
・生活相談センターにも相談をしましたが、悪質な状況なのは間違いないが、担当管轄がわからないと言われてしまいました。あっせんと謝罪を求め、退職時に和解金で解決したいと考えています。
それが無理な場合には、国の助成金の不正使用を告発しようと考えています。
既に厚生労働省とも相談をしました。
私が公益社保護法で守られるかが焦点です。今後の対応など、どう進めればよいかご助言頂けると幸いです。
(すでに録音などは準備しています。)ストレスで一時的に血圧が上がり、長い相談が思うようにできない状態です。よろしくお願い致します。
専門家:  srlee 返答済み 9 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

直接のパワハラをしている関連会社社長を当事者とすると、監督署や弁護士のいうようになるかと存じます。

しかしながら、ご質問者様の状況を知りながら、なにも対策を講じない所属会社の責任は追及できると考えます。

その方向で、もう一度相談してみてはいかがでしょうか。

また、血圧があがり、長い相談もできないという状況ということ、先の回答で申し上げましたように、まずは休養なさって、健康を取り戻すのが先決かと思います。

そうでないと、会社と戦うことはできません。

その点もご考慮下さい。

回答は以上となります。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
26089;々のご回答、誠にありがとうございます。関連会社の代表を相手取るのは難しいという事でしょうか?
元々、ハンティングをしてきたのも、助成金の不正使用を依頼してきたのも、直接的な攻撃をした来たのも、当事者は
関連会社の代表です。現在の所属会社は一部黙認もありますが、それなりに改善に向けた対応は取ってくれています。関連会社の代表は私の所属先の会社と縁を切ると策を練り、私の上司(所属先の代表)を始め遠ざけようと
しています。
取締役会を開催せずに株式の比率を変え、私の上司(所属先の代表)と5分5分で持っていた関連会社の比率を変えました。
勿論、この行為は法律的に無効となります。現在の勤務先は関連会社と所属会社含め実態は1社というのも悪質です。
そもそも、この関係があり現在の問題に至っていると思います。再度、ご助言を賜れれば幸いです。
専門家:  srlee 返答済み 9 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

問題の根本は、実態としてはふたつの会社は1社であるというところにあるとお考えであれば、それを証明することが必要になってきます。

住所が同一であること、入社のいきさつなどを話し、実態は関連会社の社長に雇用されていることを強調して、再度あっせんを申し込んでみてください。

または、労働審判という方法もあります。

直接雇用されていないので、労働関係の紛争解決手段になじまないということであれば、民事調停、民事訴訟をお考えになるほかないかと存じます。

客先であろうと、訴えられないわけではありません。

おそれいりますが、これ以上のご質問は、新たな投稿にてお願いいたします。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
26412;当にありがとうございました。
相談した弁護士よりも非常に分かりやすくご回答いただき、感謝の気持ちを直接伝えられないのが残念です。ちなみに住所は同一です。
登記上はフロアを分けていますが、職員は同一の部屋で仕事をしています。
両社の代表も並んで座っており、総務・営業担当者も実際には同じ人物です。
組織図で分けているだけです。何度もご迷惑な質問にお答えいただき、本当にありがとうございます。
ありがとうございます。
専門家:  srlee 返答済み 9 ヶ月 前.

ていねいなおほめの言葉をちょうだいし、ありがとうございます。

労働行政は、形式ではなく実態を見るのが基本なので、可能性はあるかと思います。

まずはゆっくり休まれるのが肝要かと存じます。

ありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • sin4864

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MR/Mr.K6307/2011-8-28_81237_6C53.64x64.jpg Mr.K6307 さんのアバター

    Mr.K6307

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    76
    2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YS/yspop2000/2011-10-20_222210_DSC4088.64x64.JPG yspop2000 さんのアバター

    yspop2000

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    29
    元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EN/enas1103/2011-8-28_142524_2010101623.08.19.64x64.jpg ena0725 さんのアバター

    ena0725

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    7
    平成17年度社労士試験合格。19年社労士登録。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/TO/tokyoyuka/2011-10-28_23118_SH3L00053.64x64.jpg tokyo-yuka さんのアバター

    tokyo-yuka

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    4年生大学卒 日本年金機構の職員を経て2010年開業登録 現在も年金相談窓口業務を担当 その他スクール社労士科講師など
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    151
    早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/TO/tondensr/2011-10-24_8272_bigshirt.64x64.jpg beallears-sr さんのアバター

    beallears-sr

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    86
    法学部卒業
 
 
 

雇用・労働 についての関連する質問