JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

すいません。お尋ねします。

質問者の質問

すいません。お尋ねします。
今日、私は素行不良と会社に損害(約50万円)をかけたとして、退職勧奨されました。明日8月10日付で退職することになりました。こういった場合、解雇予告手当を請求することができるのでしょうか。
ちなみに、私は、3ヶ月ごとの更新となっており現在5ヶ月目です。素行不良というのも、暴力や金銭問題ではありません。(指示されたことが、なかなかうまくいかず指摘されることが多かったものです)
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 11 ヶ月 前.

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

会社から退職勧奨があってそれに応じた場合は解雇ではありませんので解雇予告手当は請求することができません。退職勧奨と解雇は異なります。退職勧奨の場合は会社から退職のすすめがあっても労働者が応じるかどうかは自由です。解雇の場合は会社からの一方的な雇用契約の解除であり労働者の同意を求めることなく行われるものです。ただ、もしもですが、明日の8月10日の退職日を会社が一方的に決めて貴方に退職するかどうかの選択の余地がなく実質的に解雇と考えられる場合には解雇があったとして解雇予告手当の請求は可能です。

ところで、損害賠償についてですが、軽過失により発生した会社の損害については原則、労働者に負担義務はありません。
「労働過程上の軽過失については労働関係における公平の原則に照らして、損害賠償請求を行使できないと解するのが相当」
(大隈鉄工所事件 昭和62.7.27日 名古屋地裁)

軽過失とはいえなく故意又は重大な過失があった場合は、労働者に一定の負担義務が発生することがあります。ただ、その場合でも損害の全額を賠償しなければいけないケースというのは少ないです。ケースバイケースなのですが、損害の2~5割未満の賠償になることもあります。

また発生した損害額を会社が算出するということは難しいものです。50万という数字にどのような根拠があるのか不明です。仮に50万円の数字に根拠がなく、退職に応じなければいけないものと誤認させたと考えられる場合には退職の取り消しの主張が可能です。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.

ご回答ありがとうございます。

ご指摘のとおり、今朝、出社したらそう宣告されました。

自ら退職するか、さもなければ懲戒解雇とのことでした。期限は明日と社長から告げられました。懲戒解雇だと今後不利になり、社会保険事務所等にもそう通告するといわれました。懲戒解雇とは、そう簡単にできるものではないと教えられました。(無断欠勤、暴力を振るった、金銭搾取、飲酒運転など)。ただ普通に働き、無断欠勤することなくやってきました。50万円というのは、売り上げ見込み額です。懲戒解雇の乱用の気がします。

専門家:  ekotae 返答済み 11 ヶ月 前.

プラス評価をありがとうございます。

会社の対応には次の問題があります。

・懲戒解雇相当の理由がない。

・明日が期限というのは急すぎる。

・弁明の機会を設けるべき。

・50万円の請求に根拠がない。

解雇予告手当の請求と解雇無効の請求をすることが考えられます。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.

ありがとうございます。

・懲戒解雇相当の理由がない→私もそう思います。ほかにも悩んでいる社員がいます。(社長自身でミスをするとお互い擦りつけあっている状況です。)求めたことに対し、120%くらい返さないと認めない社長です。さらには、下見視察に社長と私と女性社員(社長の恋人)を連れていき、社長と女性社員は一緒の部屋で寝ている始末です。(いくら何でもおかしいと思います)

・明日が期限というのは急すぎる→突然そう来たかと思い、今日は午前中に通告後、自宅に帰り静養しました。(私にだって考える時間は、必要です)

・弁明の機会を設けるべき→依願解職にするのか懲戒解雇にするのか迫られました。弁明など与えられませんでした。

・50万円請求に根拠がない→営業活動をしていれば、大小はあるにせよ取り消しがあるのは当然の話ではないでしょうか。

次の就職先の面接予約をしましたので、もう働く気はありませんが、

解雇予告手当の請求はしたいですね。弁護士を立てて出たほうがよいのでしょうか。

専門家:  ekotae 返答済み 11 ヶ月 前.

弁護士に交渉を依頼したほうが良いでしょう。もう働くことをお考えではなくても解雇予告手当だけでなく金銭の請求も考えられます。

※次にご質問がある場合には新規でのご投稿を宜しくお願い致します。

雇用・労働 についての関連する質問