JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

会社で車の通勤や業務上で(例えば早朝便なので電車だと不便なので空港まで車で行く)使用することは会社にはリスクがあるのでし

解決済みの質問:

会社で車の通勤や業務上で(例えば早朝便なので電車だと不便なので空港まで車で行く)使用することは会社にはリスクがあるのでしょうか。また一般的にいって世間の会社はどのように規定しているケースが多いですか。当社はIT企業で都内にあるため、通勤で車が必要なケースはありません。 また50人程度の中小企業です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士の srlee です。

先日類似のご質問にお答えしておりますので、重なる点もあろうかと思いますが、ご容赦願います。

さて、社員が運転することによるリスクは、事故によって第三者に被害を及ぼし、損害賠償責任を負う、という点です。

運転する以上、一定のリスクは必ず存在します。

通勤の場合は、会社が明確に禁止しており、社員がそれに従わず事故を起こしてしまった場合、会社の責任は否定されると考えてよいでしょう。

通勤に車を使う需要がない場合は、一律禁止してしまっても、とくに問題ありません。

当方は地方在住のため、顧問先なども車通勤が基本のところが多いので、どの程度の例があるのかはわかりませんが、交通の便のよい立地条件の場合、十分に合理性のある規定かと存じます。

「早朝便なので電車だと不便なので空港まで車で行く」という例は、出張のときのことかと思いますが、出張での移動は業務上となります。

業務で運転していた場合、その車が社有車か社員の所有かに関わらず、会社には、使用者責任と運行供用者としての責任が発生します。

そのリスクをどのくらい重くとるかで、規定内容は変わってきます。

保険証券や運転免許証を定期的に確認する、交通安全教育をするなどの方法をとって許可するか、いっそ全部禁止にしてしまうという考えもあります。

自家用車ではなく、前泊やタクシーを使うということです。

もちろん経費はかかりますが、社員に運転させれば、当然リスクもあり、管理の手間もありますので、どちらをとるかということです。

回答は以上となります。

不明な点がありましたら、返信して下さい。補足してご説明します。

参考になる点がありましたら、評価をお願いします。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。私はほかの会社さんがどのようになっているか知りたいのですが、一般的に規定がどのようになっているか教えていただけあませんか。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

労務管理の分野では「社会通念上相当か」というポイントがありますので、ご質問者様が他社の規定を知りたいと考えるのはもっともかと存じます。

しかしながら、業務における自家用車の使用については、法律上の規定はなく、また、会社ごとの環境の違いも著しいため、「これが一般的」というものはないというのが実情です。

であれば、「合理性」という別の面で考えるしかありません。

ですので、その方向からのご回答をしました。

「一般的な規定」が知りたい理由がもしほかにあれば、教えていただければ、その方向で回答いたします。

お手数をかけますが、よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
19968;般的な規定とは前述した通り、IT企業で中小企業はどのような規定が多いかというものが知りたい内容です。よろしくお願いいたします。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

そうすると、「世間的な相場を知りたい」という意味合いでよろしいでしょうか。

「同業他社はどうなっている?」「ほかの中小企業は?」ということは、ご相談を受けていてよく聞かれることです。

給与・賞与や、制度について、統計資料情報など知っていることがあれば、もちろんお答えします。

今回のご質問に関しましても、別に出し惜しみをしているわけではなく、さきの回答にも書きましたように、「このようなものが一般的」という情報がないというのが実情です。

また、リスクという面に関しましては、給与などと違い、世間相場にあまり意味がありません。

なぜかというと、行政の指導方針や、裁判所の判断基準は「一般にこの程度の対策をとっている会社が多いから、そのくらいのことをしていればだいじょうぶ」というものではないからです。

個々の会社の実情に合わせ、業務の中でできる範囲で、社会通念上相当と考えられる対策をとっているかどうかが見られます。

そのような意味で、社員の自家用車使用のリスク管理についてできることは、すでにお伝えしています。

他の専門家からなかなか回答がつかなかったこともお考えあわせになり、ご理解いただけるようお願いいたします。

srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問