JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

私は寮として会社に借り上げてもらっている家に住んでいます。

解決済みの質問:

私は寮として会社に借り上げてもらっている家に住んでいます。寮費は給料から寮費として引かれていますが、寮自体の使用契約書などは結んでいませんでした。それが昨日社長に寮の使用契約書を書いて欲しいと言われました。内容として今まで言われたことがないのですが、家族以外の者の入居禁止というものが入っていました。それに違反した場合は退去すること、と明記してありました。これは従わなければならないのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
質問者: 返答済み 1 年 前.
12385;なみにまだサインはしていません。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士の srlee です。

寮の使用契約書を結ぶことを求められたが、いままで口頭で言われていたのとは違う条件が入っていたのですね。

契約自体は結ぶ結ばないは自由ですので、必ずしも応じる必要はありません。

通常であれば、つまり、借地借家法が適用になれば、明示的な契約を結んでいなかったり、契約の条項に違反したからといって、現に住んでいる場所を簡単に追い出すことはできません。

しかし、会社の寮は、通常のアパートなどの賃貸契約と違い、借地借家法が適用にならない場合があります。

判例を見ますと、近隣家賃の相場と比べて、会社に支払っている使用料が1/2以下である場合は、借家法が適用にならないと考えたほうがよいかと思います。

そうなると、福利厚生の一環として会社が社員に提供しているもので、法律的には、提供するかどうかは会社の任意になりますので、退去を言われた場合、対抗するのは難しいです。

単身者用の住居の場合、契約者以外の入居を禁止するというのは、とくに珍しい条項ではありません。

労務管理として考えた場合、会社が貸与しているものを、社員が第三者に勝手に貸与する(同居する)のを禁止するのは、常識的な範囲かと思います。

逆に、契約書に書いてある条項にひっかからなければ、簡単に追い出すことはできないと考えることもできます。

回答は以上となります。

不明な点があれば、返信をお願いいたします。補足してご説明します。

この回答に参考になる点があれば、評価をお願いいたします。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答ありがとうございます。この契約書に応じないと何か不利益なことが起こり得ますか?たとえば寮からの強制退去や、解雇など、です。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

契約書に応じないというのは、契約を結ばない(契約書にサインしない)という意味でよろしいでしょうか?

寮を貸与するときに、契約書を結ぶことは、一般常識からいっても問題ないことです。

業務命令として出されれば、それにとくに理由もなく応じない場合は、業務命令違反ということで、懲戒の対象となることは考えられます。

しかし、懲戒の中でも、解雇は最終手段であり、解雇するには、合理的で社会通念上もっともな理由が必要です。

寮の使用契約書にサインしないことだけを理由に解雇するのは難しいでしょう。

また、寮は福利厚生とはいっても、住む場所があるかないかは、重要な労働条件となります。

合理的な理由もなく、強制退去はできません。

いままでとくに問題もなく住んでいたのに、会社が新たに契約書を持出し、それに応じないからといって退去というのは、会社側の不法行為となる可能性が高いと存じます。

回答は以上です。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答ありがとうございます。追記しますとそれを違反した場合5以内に退去しろと書いてありました。それは強制退去にならないのでしょうか?
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

会社が「5日以内に退去」と定めている場合は、5日すぎると、法律的には不法占拠ということになります。

会社は当然、退去するように求めてくるでしょうが、それだけでは強制退去とは言えません。

会社がご質問者様に明渡し訴訟を起こし、勝訴したが、それでも立ち退かない場合には、その判決をもって強制執行(建物内部から荷物を持ち出し、居住者を追い出す)することができます。

このようにすることを、通常「強制退去」と言います。

自分に権利がある建物だからといって、会社が勝手にカギを替えたりすると、それ自体不法行為となります。

回答は以上です。

ありがとうございました。

srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。

会社との交渉はたいへんかと思いますが、うまくいくようお祈りしております。

雇用・労働 についての関連する質問