JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

私は正規職員です。病院勤務。救急の夜勤があり、年齢60歳

質問者の質問

私は正規職員です。病院勤務。救急の夜勤があり、年齢60歳
体力的・思考力低下衰えも感じ、年齢60歳で夜勤を外していただきたいと思っています。
出来なければ退職の検討していますが、できれば定年退職まで頑張りたいが・・(定年63歳)
医師は年齢制限を設けて夜勤していない医師もいます。
病院規則には記載ありません。就業規則で医師・看護師は別な仕組みなのでしょうか?
夜勤拒否はできるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士の srlee と申します。

年齢的・体力的に夜勤を外してもらいたいのだが、正規職員のまま、夜勤を拒否する方法はあるか? というご質問でよろしいでしょうか。

ご自分にあった働き方で定年までがんばりたい、というお気持ち、よくわかります。

就業規則には最初の方に適用範囲が書いてあるはずです。確認してみてください。

医師、看護師などの限定がなければ、基本的にすべての職員に適用されます。

また、就業規則に明記されていなくても、職場の慣習として、労使ともに認めているようなものであれば、それは就業規則に近い効力があります。

最初の労働契約の内容は、夜勤も含むものと考えてよいかと思います。

夜勤を拒否するとなると、服務命令違反ということになりますので、懲戒を受ける可能性もあります。

しかし、パートへの変更は重大な労働条件の変更になりますので、就業規則に明記されていない限り、ご質問者様の同意がなければできません。

また、退職勧奨を受けても、ご質問者様が同意しなければ、退職する必要はありません。

ただ、解雇される可能性はあります。

夜勤拒否、という形ではなく、まずは人事や上司に相談して、「夜勤なしで勤務できないか」ともちかけてみてはいかがでしょうか。

医師でそのような勤務をしている人がいるのであれば、ひとつの根拠になります。

夜勤をまったくしないのではなく、たとえば、いまよりも回数を減らすなどの形で妥協的できる点があれば、それも考えておくとよいでしょう。

病院としても、ベテランの看護師さんが退職してしまうより、そのまま働き続けてもらうほうがよいはずです。

ご自分の都合がいちばんたいせつですが、病院にとってなるべくマイナスにならない方法も考えて、交渉するとよいでしょう。

回答は以上になります。

不明な点があれば、ご返信下さい。補足してご説明します。

この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いします。

ありがとうございました。

専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

回答をご覧になりましたら、返信か評価をお願いいたします。

不明な点がありましたら、補足説明をいたします。

雇用・労働 についての関連する質問