JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

私は業務委託契約で会社Aと契約を結んでいます。

質問者の質問

私は業務委託契約で会社Aと契約を結んでいます。
現在、客先常駐で現場で勤務しており、拘束時間もあります。(9~18時+残業)
これは業務委託なのでしょうか?
また、あと1カ月で退社なのですが私は現在体調を崩しており、自宅で療養しいため、これ以上出勤をしたくないのが本音です。
出勤拒否をしたら訴えられるのでしょうか?
以下現状となります
・入社後、試用期間が設けられ、その間は業務委託契約となっている
・業務内容が現場へ出勤し、現場のリーダーの指示に従い、業務を行う
・拘束時間として9~18時まで勤務する、また残業があった場合、それも行う
・親会社から客先までの営業の流れが親会社→会社A→会社B→客先常駐となっている。
・客先常駐を開始してから数日で体調を崩し、心療内科で精神疾患と診断、かつ診断書を親会社へ提出している
※別段、客先の業務がひどいわけではない、自身が気付かなかっただけで前々から予兆があったようで、たまたま今回発病した
・残り1カ月(6月末)で退社となる
※事前に通達し了承を得ている
大変身勝手な内容ではありますが、ご教授をお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

雇用労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です

業務委託契約か雇用であるかは契約書のみで判断されるのではなく実態を見て労働者性があるかどうかで判断されます。次のような点を総合的に見て判断されます。該当する項目が多いほど労働者性があると判断される可能性が高くなります。

・会社から業務の指揮命令がある

・会社が始業、終業の時間を決めている

・働いている側に仕事を断る自由がない

・他の会社の仕事をすることができない

・機械、器具は会社が提供している

・報酬は平均的で高額ではない

など

貴方の場合ですと、「現場のリーダーの指示に従い、業務を行う」という点は会社から指揮命令があるということで労働者性があると判断される可能性があがります。また、9~18時勤務ということで始業、終業の時間が決められている点、残業があった場合にそれに応じなければいけない場合はそれも労働者性があると判断される可能性をあげます。ご相談内容を読ませて頂いた限りにおいては労働者性があると判断される可能性のほうが高いでしょう。

労働者性があり雇用契約とみなすことができる場合はご病気で診断書も出ているとのことで、会社を欠勤することができます。訴えられても損害賠償責任はないです。労働者性についてはいくつものことを総合的に見て判断されるものであり明確な線引きはできないものです。よって、よほど明らかなケースを除いては可能性の話になってしまいます。いえることは出勤拒否という言葉を使うのは良くありません。体調が悪いのであれば体調が悪くて働くことができない。医師も療養が必要と診断していなどの言い方が良いでしょう。仮に業務委託と考えられる場合は契約書の内容が重要となります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26410;熟な質問に対し、ここまで詳細な回答をありがとうございます。
出勤拒否は確かに表現が良くなかったです、気をつけます。
労働性がある、といった可能性が聞けただけでも助かりました。
ここからは法律相談所などで直接相談しようと思います。
本当にありがとうございました。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

ご丁寧なご返信ありがとうございます。

実態は雇用なのに形式だけ業務委託契約とするケースは非常に多いです。

先の回答では可能性という表現で回答いたしましたが、労働者性があると主張してもいいのではないでしょうか。

「入社」とか「試用期間」という言葉も通常は雇用契約で使われる言葉です。

ご相談ありがとうございました。

より良い方向に進むことを願っております。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
20808;日は質問に対する返答をありがとうございます。
追記となるのですが以下の文言が業務委託契約書に記載がされていました。
以下内容
----------------------------------------------
(甲:親会社、乙:私)
■業務の遂行
業務委託作業は、乙の現場担当者が甲と打ち合わせの上、乙の作業者に指揮命令する。■器材等の貸与
業務委託作業の遂行にあたって、甲が乙に貸与する器材等を乙の作業者が破損・滅失させた
きは、乙の作業者の故意または重大な過失に基づくものでない限り、乙は損害賠償責任をおわない
ものとする。ただし、甲又はその注文主が加入している火災保険などの損害補償保険もしくは
損害賠償責任保険の適用がある場合は、乙は当該保険により補填できない学の範囲においてそ
の責に任ずる。
----------------------------------------------------
※文字が抜けているのは実際に抜けているからです。今回の場合、上記の内容を読む限り、労働制が低いのではないかと思えてきました。
ですので、労働制が低いとみなされ、業務委託となった場合、休むと損害賠償を求められるのでしょうか。
また、休職診断書を頂ける話になっているので提出しようかと思っています。
ですが上記の通り業務委託だった場合、休職とは違うので提出しても意味がないのではと思っています。そのほかとして、
・給与は請求書として提出後、支払われる
・社会保険に加入していない
・雇用保険に加入していない
・業務委託のはずだが、注文書または発注書等をもらっていない。
・勤怠表の提出を求められる再度、質問する形になってりましたが、何卒、ご回答いただけませんでしょうか。
よろしくお願い致します。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

再度のご質問の後になりましたが評価くださいましてありがとございました。

ジャストアンサーのサイトルールでは評価後にご質問がある場合には新規でのご投稿をお願いしております。

ただ、今回だけ特別に簡単に回答させて頂きます。

労働者・・使用者の指揮命令に従って労働するので、機械や器具は使用者が用意します。

事業者・・機械や器具は事業者が用意して責任を負います

ご相談のケースの場合、会社が器材等を用意しているのですから労働者性が低くならないです。しかも、故意または重大な過失でもない限り損害賠償責任を負わないというのは労働者である場合と同じです。むしろ労働者性が高くなるように思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12371;ちらこそ返答をありがとうございます。
ジャストアンサーのサイトルールをよく確認せず、再度の質問をしたにも関わらず、ご対応いただき誠にありがとうございます。
なるほど、この文言だけでも労働者と同じ扱いであることが記載されていたのですね。
知識がないだけでこんなにも惑わされてしまう自分が情けないです。
回答していただかなければ、法律相談所にいくことに迷い続けるところでした。
本当にありがとうございました。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.

とてもご丁寧なご返信ありがとうございます。

雇用・労働 についての関連する質問