JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

はじめまして。 社長から不当な扱いを受けている気がして困っています。 ① 36協定違反

質問者の質問

はじめまして。
社長から不当な扱いを受けている気がして困っています。
① 36協定違反
慢性的な人員不足等により、多忙を極めています。本来、私の業務とは異なることも私に回ってきて、一人でやらなければならず、負荷がかかっています。(社長は、私一人に負荷がかかっている状況を把握しています)結果、月の限度45時間を超えた月が8ヶ月。このことについて、社長から「うちの会社は法令順守でやってきた。君が36協定に触れたせいで、会社が罰せられてしまう。どうしてくれるんだ」と言われました。「36協定違反で罰金になったり、処罰を受けることになったら、どう責任をとるんだ」とも言われました。が、私が一人で頑張らなければいけない環境を作ったのは社長です。
労働環境は、現在もなんら改善されていません。
② 昇任
3月の人事考課面談の際に「君には昇任・昇格の意志がないので、4月の昇任・昇格ない」と言われました。が、私は昇任・昇格の意志がないなどと言ったことは一度もありません。実際、主任が機能していない状況の中、主任業務を行っており、社長はそれを把握しています。(主任手当をもらっていないのに、主任業務を行っている状況)手当の件を明確にするためにも、昇任して主任になりたいと思っているのに、社長が勝手に「私が昇任の意志はないと言った」として、昇任試験受験のチャンスを奪われました。
③ 人事考課を行うための目標
これは、個人の査定を行うための目標ですので、個人の目標を設定することになっています。私も個人の目標を提示しましたが、社長から「ふざけるな。君は主任なのだから、会社全体の利益を考えた目標を設定しなきゃいけない身だ。こんな目標が通じるか」と怒鳴られました。(②と矛盾しています)ちなみに前年度は、達成不可能な目標を勝手に押しつけられ、達成できなかったことを理由に評価を下げられています。
④ 残業時間
昨年の4月より残業時間が増えています。理由は、2人退職者が出たのに補充がないこと。2人の業務の多くが私に回ってきており、残業時価が増えるのは当然なのですが、それを考慮してくれず「残業時間が増えたのは、君が努力しないからだ。こんな状況では人事考課において、低い評価をつけざるをえない」と言われました。
5月の残業時間の着々と増えており、45時間を超えてしまう可能性があります。残業申請をもっていくと「ふざけているの?残業は無能な人間がすることだ。残業をつけない方法もあるんだぞ」と言われます。
長時間労働しなければいけない環境を作っているくせに、何の配慮もありません。体調不良を訴えても、聞かなかったことにされたことが何度もあります。これらのことは、不当ではないのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士、セクハラ・パワハラ防止コンサルタントの srlee と申します。 社長からパワハラと思える対応をされており、不当ではないのか、というご質問ですね。たいへんおつらい状況とお察しいたします。 ①ご質問者様の残業が増えたことによって、36協定違反になったとしても、会社として社員個人に責任を問うのは、通常ありえません。社長の言動はおどしや、いやがらせと受け取ってもしかたのない内容だと感じます。④についても言えることなのですが、残業する場合は、なんの業務で残業したのか、時間はどのくらいかかったのか、記録を取るようにして下さい。できれば、残業する前に上司(または社長)の許可を取るようにするとよいでしょう。 はっきりした残業命令がなくても、残業をせざるを得ないような業務の実態があり、会社がそれを知りながら黙認していたとすれば、「黙示の指示」があったと扱われる可能性が高いです。しかしながら、残業の指示があった、つまり会社の責任であるとはっきりさせるほうがいいことは確かです。 ②③については、言った言わないの話になり、証明するのが困難ですが、パワハラと言ってもよいかと存じます。今後は、社長と面談したときには、詳細なメモなどの証拠を残すようにして下さい。また、できれば録音してください。 相手が社長ということで、社内での解決は困難なようです。パワハラについては、労働局のあっせんなど、さまざまな方法で行政の力を借りることができます。http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0142/3927/201652016535.pdf何度も記録に残して下さいと書いていますが、外部機関に相談したりあっせんや調停を申し込んだ時に、パワハラである証明が必要となります。 回答は以上となります。不明な点がありましたら、ご返信ください。補足してご説明します。この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いします。ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問