JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

民法では、雇用契約は、個人側が、労働の義務を負い、雇用主側が労働の対価として賃金を支払う義務を負うことによって成立すると

解決済みの質問:

民法では、雇用契約は、個人側が、労働の義務を負い、雇用主側が労働の対価として賃金を支払う義務を負うことによって成立するとしてます。
ここで質問なのですが、雇用主が、賃金を支払う義務を負うならば、その逆に労働者個人側は、賃金を受け取る義務を負うことになるのでしょうか、私は、雇用主に契約上支払うことを義務づけた以上個人側に受け取る義務が生じると思います。どうかご教示ください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士の srlee と申します。 おっしゃるとおり、雇用契約は、雇用する側が賃金を支払う義務を負い、労働者側が労働を提供するという双務契約です。労働者側が賃金を受け取る義務があるといえるのではないかというご質問ですね。 義務というのは、その主体が欲するか否かに関わらず、強制的に行わなければならないものです。言い換えると、権利は放棄することもできますが、義務を放棄した場合は、不法行為となります。 このような性質を考えますと、労働の対価として得た賃金を受け取るのは権利としか言いようがないと存じます。もちろん、権利ですので、本人の意志が確実であれば、受け取るべき賃金を放棄することも可能ですし、だからといって不法行為にはなりません。 回答は以上になります。このようなお考えに至った具体的な事情などがもしありましたら、さしつかえない範囲で教えていただけると、ご質問者様の意に沿った回答ができるかと思います。この回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。ありがとうございました。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
恐れ入りますが、ご返信をいただいた場合、補足説明は明日の朝とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
プラス評価をいただき、まことにありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問