JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

4月に昇給、役職付(リーダー)となった社員に管理職になるための研修を受けるよう会社として命令したところ 研修は一切

解決済みの質問:

4月に昇給、役職付(リーダー)となった社員に管理職になるための研修を受けるよう会社として命令したところ
研修は一切受けないと告げられました。また、今現在の自分の職務(リーダー)に負担を感じているとの話でした。
本人は4月より昇給し役職手当も受け取っています。
会社には派遣社員やアルバイトといった非正規で働いている者もおり、その中で社員は管理的な業務を担っています。リーダーが研修に行きたくないことが許されることなどありえません。社員としての規範を示すべきなのにその自覚が全くありません。
この者の降格や処遇を変えたいのですが、覚書を双方で取り交わせば問題ありませんか?
たとえば今回の研修出席を拒否したいのでリーダーとしての自覚不足が問われ降格されても異議はない。
現在の自分にはリーダーの職務が負担であり、また今後一切研修の出席は拒否するかわりに契約社員として処遇されても異議はない。
といった内容の文書で同意をとり、降格処遇変更はできますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士の srlee と申します。 管理職に昇進した社員が、研修を受けることを拒否しているのですね。降格するためには覚書を取り交わせばよいのか、というご質問ですね。せっかく昇進させたのに期待はずれになり、ご心痛お察し申し上げます。 覚書という形で個別に合意をとるだけでは、降格を含む処分をするのは難しいかと存じます。まず、貴社の就業規則を確認して下さい。業務命令に従わないという項目があり、そこにどこまで処分できるかの規定があるかと思いますので、処分はそれに従うことになります。一度きりの業務命令違反で、いきなり降格という形ではなく、戒告などのもう少し軽い処分が規定されているのが一般的です。 懲戒処分をするときの注意点は、次のようになります。1. 懲戒の理由は、就業規則に記載されているか2. いままでの同種の懲戒処分と同じ程度の処分になっているか。3. 行った違反行為と、それに対する処分の軽重のバランスかとれているか4. 懲罰委員会などを開催し、本人にも十分な弁明の機会を与えるなど、適正な手続きをとっているか上記を参考にして、処分を決定してください。 降格より軽い処分や指導を行った場合は、それを文書で記録しておいて下さい。始末書をとるのもよいかと思います。その始末書の中に、ご質問者様がおっしゃっているように「今後、業務命令違反があれば、降格されても異議ありません」という一文を入れるのもよいでしょう。今後も、業務命令に従わないようであれば、そのたびに始末書をとるなどして指導し、その後降格とするのが、トラブルにならないやり方です。 回答は以上となります。不明な点がありましたら、ご返信下さい。補足してご説明します。また、この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いいたします。ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答いただきましてありがとうございます。

就業規則を確認いたしましたところ

・教育訓練の項で

従業員は、会社から教育訓練を受講するよう指示された場合には、特段の事由がない限り指示された教育訓練を受けなければならない。

とあり、

また懲戒の事由に

④ 正当な理由なく、しばしば業務上の指示・命令に従わなかったとき

始末書を提出させ将来を戒める規定されておりました。

しかし、始末書を提出しない場合、どう対応したらよろしいのでしょうか。

予想としてはその可能性が大です。

専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 かりに、始末書を提出しなかったとすると、そのことを記録に残し、より厳しい処分を課すことになります。社内の処分は、法律に規定があるわけではなく、前の回答に書いたようなことは、いままでの判例から導き出された一般論です。どのあたりで降格にするかは、本人の反省度合いや仕事ぶりを見て決めることになります。本人に反省の色がまったくなく、会社側が就業規則の根拠のある処分を行えば、仮に本人が労働基準監督署に相談に行ったとしても、簡単に労働者側の主張が通ることはありません。たいせつなのは、処分の過程の記録を残すこと、そして、きちんと手続きを踏むことです。
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
最高評価とボーナスまでいただき、まことにありがとうございます。今後もお困りのことがありましたら、ご質問下さい。できる限りお力になりたいと存じます。ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問