JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

社長から約一年間で、数回嫌味を言われました。 「面接を受けに来るハズの方が来なかった際、”◯◯(私)さんが

解決済みの質問:

社長から約一年間で、数回嫌味を言われました。
「面接を受けに来るハズの方が来なかった際、”◯◯(私)さんが奇声を上げたから来なかったんじゃない?”笑」
→仕事中なので、一言も発していません。
「電車遅延で遅れたのでお詫びを言うと”◯◯さんのお父さんがJRの社長なら許さないけどね”笑」
→父は一昨年亡くなっている事は面接で言っています。
酷い侮辱で、どうしても許せません!
「面接応募者の書類がなくなった際、”◯◯さん、知らない?持ってない?」
→重要書類は社長と奥さんが管理しているので、どちらが持っているのか、どこに保管をしているのか知るはずもありません。
完全に疑ってかかった言動でした。
「これらの発言に鬱病になっていたので休みがちで、更に飼い犬が心臓病だとわかったあと。
”◯◯さんの調子はどう。”
”そうですね、良くなってきました(ウソです)ありがとうございます。”
”じゃあ、体調が良くなったせいで犬が病気になったんじゃないの?”笑」
→私が未婚で愛犬が子供と同じだと知っていてこのような酷いことを言い、私が死ねば犬の病気が治るのかと本気で考えて、帰宅時にホームから飛び込もうと本気で考えました。
仕事でミスや確認をすると、(上手く言えませんが)目で睨んで馬鹿じゃないの!?という感じで叱りつけます。
昔のミスを何度も持ち出して、人に話して馬鹿にします。
酷いときは、”◯◯さんがミスしたせいで、倉庫の社長は帰れない。社長は朝何時に来てるか知ってる?◯◯さんがこれから帰っても、社長は残って仕事しなきゃいけないんだよ?どうするの?!”
と、時間にしては10分くらいですが、立ったままで冷や汗と動悸が激しく、家に帰るまでの1時間半ひたすら泣いていました。
これらはパワハラにならないでしょうか。
パワハラに該当するなら、どの部分でしょうか。
今はこれらの出来事により、休職中です。
労災は認められないのでしょうか…。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。只今文面内容拝見させて頂きました。 とにかく随分ひどい発言をされる社長ですね‥パワハラの定義ですが、厚生労働省によりますと、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」とされています。社長の発言は文字通り社長という圧倒的に優位な地位を利用して、業務の適正な範囲を超えて、貴方へ精神的・身体的苦痛を与えているものと考えられます。特に一過的なものではなく、日常的に行われているならば、明らかにパワハラ行為といえるでしょう。 あと、労災(業務災害)についてですが、確かに一つ一つの発言だけではうつ病発症の原因としまして強くはないでしょうが、繰り返し何度も行われているとしますと、貴方にかかる心的負荷は相当大きくなるものと考えられます。 そうなりますと、労災認定の可能性も十分ありえるでしょう。 勿論、パワハラによる精神疾患の労災認定については、個人的な性格等被害者側の事情も加味されますので、容易に認定されない場合も多くなっています。 しかしながら、貴方が自殺まで考えた事の重大性を考えますと、このまま泣き寝入りすべきではないと思います。 その際ですが、パワハラによる損害賠償請求、労災認定共に難しい裁判になりますので、専門家のサポートは欠かせません。 対応としましては、まず主治医の先生に事情を説明し、会社の業務が原因で発症した可能性が高いとの診断書を書いてもらいましょう。その上で、神奈川県の弁護士会に相談されて精神疾患での労災問題に精通した弁護士を紹介してもらう事をお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
ところで、退職勧奨拒否後から◯◯さんと言う呼び方から’貴殿'と言う呼び方に変わったのは、何か意図があると考えた方がよいでしょうか。
線引きをされたような感じを受けたのですが、気のせいでしょうか…。
メールや手紙の文章など、言葉の端々に他人行儀と言うか事務的なものを感じます。
これは既に社員とはみておらず、退職を念頭に置いているから、と考えるべきでしょうか。
まだ休職中なもので、生活面からできれば復職したいと思っています。
復職出来ないのであれば、労災認定に持ち込みたいです。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
ご返信頂きまして感謝しております。 恐らく、社長の心の中で貴方の退職を念頭に置かれていることの所作であると考えられます。 不愉快な言い回しには違いありませんが、それ自体に違法性はないので、そこは余り突っ込まれない方がよいでしょう。 但し、退職勧奨はあくまで本人である貴方自身の同意がなければ退職となりませんので、とにかく断り続ければ問題ございません。それでさらにパワハラが強まるようであれば、貴方にとりましては有利な状況になると思われますので、そこは今後を見据えられて冷静に対応されることをお勧めいたします。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問