JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

理容師35歳 基本的に(営業日は)朝10:00開店22:00閉店までの勤務。肩書は店長(やとわれ) 休日は月に3

解決済みの質問:

理容師35歳
基本的に(営業日は)朝10:00開店22:00閉店までの勤務。肩書は店長(やとわれ)
休日は月に3回ほど、その他に午后出勤も数回ある。
通勤時間は自転車で10分程度。
帰宅は残務処理を含め11:00から12:00にかけてが毎日。本人は店長だからと言っているが。帰宅後も日報の報告などがある。
さらに「研修」として雇用主に誘われ100万円を「前借」して民間の「心理学」の講習に参加。毎月1万円を給料から返済していることになっている。おそらくきちんとした借用書などは交わしていないのでは。
勤務時間は問題ないのか。このような金の貸し借りは問題が大きいと思うが本人がわかっていない。(分かろうとしない)
勤務先は全国的な展開をしている利用チェーン。勤務先はそのチェーに参加している。社保無し。厚生年金未加入。少なくとも社保と厚生年金には加入してほしいと思う。問題点を具体的に知らせたい。また、店主にどう働きかければいいのか分からない。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士の srlee と申します。 ご質問者様は、35歳の理容師の方のご家族でしょうか?労働基準法違反の可能性の高い状態だと考えます。 時間外労働や休日労働が多いようですが、それに対して割増のついた時間外手当や休日手当は支給されているでしょうか。店長、つまり管理職なので、時間外や休日はつかないということになっている会社はよくありますが、労働基準法上、労働時間を管理されない「管理監督者」は、社内の「管理職」とイコールではありません。人事など労務管理上の権限がなく、タイムカードを押していたり、遅刻早退控除をされていたり、店長としての手当の金額が少ないようですと、「管理監督者」にはあたりません。この場合は時間外手当の未払い、つまり給与の未払いということにあり、労働基準法違反です。 研修ということで会社に前借りし、給与から返済しているようですが、給与から天引きするには、本来は労使協定が必要です。 また、社会保険に未加入ということですが、お店は個人営業でしょうか、法人でしょうか。法人ですと、社会保険(健康保険・厚生年金)は強制適用ですが、理容業の個人営業は任意になっていますので、もし個人営業ですと、法律的に社会保険に加入する義務はないことになります。お店が法人だった場合は、年金事務所に連絡して、加入するよう指導してもらって下さい。 最も問題なのは、長時間労働と時間外手当の(おそらく)未払いだと思います。この点については、労働基準監督署に行き「労働基準法違反の申告に来た」と言って内容を伝えれば、監督署から会社に指導してくれるはずです。店主の方と話し合うとしたら、上のように違法状態なので、対応してくれなければ、労働基準監督署に申告すると言えばよいでしょう。 ご本人が動かなくても、ご家族の方が労働基準監督署に申告し、監督署から調査が入る事例もよくありますので、できればご本人も納得の上でいっしょに動いたほうがよいのですが、最悪の場合、ご質問者様が監督署に行かれるということでもよいでしょう。 また、労働基準監督署にそのような申告をしたことによって、解雇や減給などが行われた場合、そのことも違法になります。 回答は以上となります。不明な点がありましたら、ご返信下さい。補足してご説明します。この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いいたします。ありがとうございました。
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
時間外労働の定義はどうなっているのでしょう。常識的には8時間に休憩を加えて計9時間程度だと思うのですが。本人とうまく話が出来ていません。「店長としての手当て」の目途はどれくらいなのでしょうか。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
プラス評価をいただき、ありがとうございます。 法律で決まっている時間外労働と、それに対する手当の最低額は、次のようなものです。1日8時間、1週40時間(休憩をのぞいた実労働)を超えたとき→25%割増の時間外手当週1日、または4週4休の休日がとれないとき→35%割増の休日手当夜10時から朝5時までの間の勤務→25%割増の深夜手当て(時間外かつ深夜の場合は 50% 割増)ただし、理容業で従業員が10人以下の事業所は、特例として週の労働時間の限度が44時間となっています。また、時間外協定(36協定)を会社が従業員と結んでいないと、残業させること自体が違法となります。 「店長としての手当」のめやすについてですが、他の従業員の待遇との比較になりますので、金額的にいくら、ということは申し上げられません。ただ、2~3万円程度だったり、残業手当を計算して、店長としての手当よりも少ない場合は、管理監督者としての十分な待遇とは認められないでしょう。 回答は以上となります。今後もお困りのことがありましたら、ご質問下さい。できる限りお力になりたいと存じます。ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問