JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

17年勤めた会社を4月末で退職しました。就活はこれからです。退職後の保険と年金の切り替えについての質問なんですが、主人の

解決済みの質問:

17年勤めた会社を4月末で退職しました。就活はこれからです。退職後の保険と年金の切り替えについての質問なんですが、主人の会社の扶養になるよりも国保と国民年金に切り替えたほうが、もし就職が決まらなかった場合、失業保険をもらいやすいと聞いたのですが、実際はどうなんでしょうか。今は失業保険をもらえる条件が厳しいとも聞きます。
国保と国民年金だと月々の支払いが4万円ほどになりきついのですが、もし就職が決まらなかった場合有利になるならとも考えます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です失業保険を受給すると扶養に入れないことはあっても国保と国民年金にしたほうが失業保険をもらいやすいということはないです。失業保険の受給要件と扶養、国保、国民年金は関係してきません。扶養でも国保、国民年金でも、失業保険のもらいやすさに違いはありません。仮に自己都合退職で失業保険に3か月の給付制限がある場合、その給付制限中は失業保険がもらえないことから扶養に入ることが可能です。しかし、3か月の給付制限が終了して失業保険がもらえる場合、収入が発生するので多くのケースにおいて扶養から外れることになります。そして、失業保険の受給が終わって、その時、就職が決まっていない場合、収入がなければ扶養にまた入ることが可能です。これらの扶養に入ったり、外したり、また扶養に入ったりする手続きを手間に思われる方や、会社に手続き面で扶養に入ったり外したりして労力をかけてしまうのは申し訳ないということで、あえて扶養に入らない方はいらっしゃいます。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問