JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

匿名での相談でもよろしいでしょうか。 有限会社にて取締役(専務)になってから10年ほど経ちましたが、3月いっぱ

解決済みの質問:

匿名での相談でもよろしいでしょうか。
有限会社にて取締役(専務)になってから10年ほど経ちましたが、3月いっぱいで自己都合退職いたしました。(実際には自分から辞めざるを得ない状況でした)同業他社への転職は2年間は法律上許されず犯した場合はとことん裁判をするといわれました。
退職のあいさつを同業者にしたときにぜひ来てほしいといわれたところがございましたが、先述の内容で実際に裁判になった場合転職先に迷惑がかかるの辞退させていただきました。
守秘義務や人情的な部分は別にして法的にはいかがなものでしょうか、回答よろしく願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士の srlee と申します。 こちらのサイトは匿名が原則ですので、だいじょうぶですよ。 取締役を勤めていた会社を3月で退職したが、元の会社から2年間は同業他社に転職できないと言われたのですね。経済的に切羽詰まっており、同業他社に転職したいのだが、法律的には許されるのか、というご質問でよろしいでしょうか。とてもお困りの状況だと思います。ご心痛お察しいたします。 まず、法律的に申し上げますと、取締役在任中は競業避止義務(同業で起業したり同業他社に勤めて、会社に損害を及ぼしてはいけないという義務)がありますが、退職後はそのような義務はありません。ご質問の内容ですと、口頭で言われただけのようですが、退職時に競業避止や秘密保持の誓約書を作って、会社と合意しておくのが一般的です。かりに、「退職後も同業他社に勤めない」という合意があり、退職した人がそれを破った場合、裁判になっても必ず会社が勝つわけではありません。個人には職業選択の自由があり、会社には不当に営業を妨害されない権利がありますので、裁判では総合的に状況を見て、両方の権利を比較衡量して判断されます。具体的には、次のような点が判断のポイントになります。1.競業避止義務の範囲は適当か。→2年間ということですので、これは会社の主張が認められた判例もあります。2.競業避止義務を課すことについての代替措置はあるか(あったか)→退職金を増額したり、在職中はこのために高額の役員報酬を支払っていた場合は、会社側に有利になります。3.在職中に準備をしたり、従業員を大量に引きぬくような信義則にもとる行為はなかったか。→そのような行為がなければ、退職した側が有利です。4.退職した側が、競業避止義務によってどの程度経済的に制約されるか→退職後も相手の行動を縛ることで、生活に困るような状況になることは認められません。5.会社の側が、相手の行為によって、どの程度経営に損害を受けたか。→会社の存続に関わるような状況であれば、会社側に有利です。6.前の会社の技術や営業機密を持ち出していないか(守秘義務の部分)→守秘義務について合意があればもちろんですが、技術や顧客名簿を利用するなど、前の会社の営業上の権利を犯すようなことはできません。 結果的に言うと、私見ではありますが、ご質問者様の場合、裁判になってもかなり有利な状況のように感じます。 ただ、ご親戚でもあり、長年勤めた人情もあって、事を荒立てたくないというご意向のようですから、まずは、一度は誘いがあっても断ったこと、同業他社でないと就職が難しく、経済的に困難であること、さらに裁判を起こしても、前の会社が勝つ見込みは少ないことなどを伝えて、前の会社の社長と誠意をもって話し合ってみてはいかがでしょうか。 話し合いをする場合は、後の証拠のために録音しておくことをおすすめします。相手に黙って録音しても罪にはなりません。 回答は以上です。ご不明な点がありましたら、ご返信ください。回答に役立つ点がありましたら、評価をお願いします。ありがとうございました。
srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
srlee  様
早速のご返答ありがとうございます。もっと早くに質問すればよかったです、どんな結果になろうともまっすぐに気持ちを伝え同業他社も含めて幅広く就活することを伝える決意になりました。実は、本日早速に直接話を伝えました。気持ちよく良しとはしてくれず、就職先の業者へは嫌がらせをすることになる理事会の役員をしているので判るなと遠回しに伝えられました。そして、その決断をするわたくしは最低な人間だと。お付き合いのあるディーラーに話を以前より頼んでいた様子で、そっちのほうが良いだろうと話が出ました。私が望んでいる同業他社は単身赴任になるので地元のディーラーに就職できるのであればもちろん喜ばしいことです。以前そのディーラー幹部に私が直接辞める話をしたときはどこも行くところがなかったらうちにおいでよと声をかけていただいた経緯がございます。これでまとまれば丸く収まります、しかし、以前の勤務先の代表に口をきいていただいたことには素直に喜べません。しかし、家族のためにも耐え忍んで成績を上げ上に行くことで自分を抑えようと考えました。おかげさまで、肩を押していただきすぐに行動ができました。実際には面接してくれるかの返答待ちですがこれでだめならば今度こそ堂々と同業他社に就活できます。いろいろ参考になりました、ありがとうございました。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。また、最高評価をいただきまして、お礼申し上げます。お役に立てたようで、うれしいです。前向きな気持ちで問題に立ち向かっていらっしゃるのはすばらしいと思います。ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問