JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 418
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

早速の回答 有難うございます。 労働基準監督署へ相談するつもりですが、変型期間である1年で労働時間が超過している部分の賃

解決済みの質問:

早速の回答 有難うございます。
労働基準監督署へ相談するつもりですが、変型期間である1年で労働時間が超過している部分の賃金の請求は可能でしょうか。
可能だとすれば労基署へ訴えるのか、裁判所へ訴えるのか、お教えください。
また結果的に年次有給休暇を取得したために労働日数が260日以内であった場合は適法なのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
こちらこそ有難うございます。 協定で定められた労働時間を超過している時間分については、当然ながら賃金の請求が可能になります。その場合、裁判では訴訟費用がかかる上時間も手間もかかりますので、労働基準監督署へ賃金不払いで年休の件と併せて申告されるとよいでしょう。 また、年休を含めた場合に1年単位の変形労働時間制の労働日数上限以内であっても、年休取得日は所定労働日数に含まれますので、適法とはなりません。その点も併せて監督署へ申告しておきましょう。 尚、質問の度に新たに投稿されると料金もかさみますので、追加の質問がございましたらこの投稿に続けて下さい。あと、宜しければ2つの投稿について、所定の事後処理を頂ければ嬉しく思います。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問