JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

準公務員(赤十字職員)がキャバクラでバイトをしていた場合、解雇や重い処分を受けるのでしょうか?

解決済みの質問:

準公務員(赤十字職員)がキャバクラでバイトをしていた場合、解雇や重い処分を受けるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。只今文面内容拝見させて頂きました。多忙の為回答が遅れてしまい大変失礼いたしました。 準公務員という事ですが、恐らく赤十字社の就業規則があるはずですので、まずはその規定内容を確認されることが必要です。(※就業規則は労働基準法によりいつでも自由に閲覧する事が認められています。原則として準公務員にも労働基準法が適用されます。) そして、就業規則に副業禁止の規定がございましたら、職業内容に関わらず発覚した場合何らかの制裁処分を受ける可能性が高いでしょう。 貴方の場合ですと、キャバクラというお仕事が否定的に捉えられてしまう事に加えまして、副業時間の量が多い事も問題といえるでしょう。さらに、恐らくは夜の勤務である事も加味しますと、疲労が残り本業への影響も十分懸念されるはずです。副業禁止の場合ですと、解雇処分を受けても不思議ではない状況と思われます。 提案としましては、収入が下がるのは避けられませんが、今すぐ踏み切れないとしましてもまずは時間を減らしていく事、そして近い将来副業を辞められる事をお勧めいたします。これは、貴方の健康という最も大切な点からも適切な対応といえます。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問