JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

会社との業務委託契約早期解除及び損害賠償をしたいです。

解決済みの質問:

会社との業務委託契約早期解除及び損害賠償をしたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
契約書に受託者(あなた)がわからの解除条項はありますでしょうか?また事実確認とは今回の不当又は違法な処理についてのことでよろしいですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい、あります。予告する事で本契約を解除することができるとなっております。ですが、その話を回避しようとされます。
事実確認は、その2つとも両方とそれまでした会話の経緯もしております。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
全くかまいません。内容証明で「契約第●条第●項に基づき、本契約を解除いたします。つきましてはそれに伴う損害賠償請求権を行使しますので、ご了承ください。」と通告すればよいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。内容証明でまず通告しようと思います。
今までの経緯を考えると、会社はそのままうやむやにしようとするのが目に見えています。
その後の対応としてはどのようにしていけば良いでしょうか?
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
損害賠償請求は裁判にするという方法が一つあります。>契約解除での私の損害に対する賠償を求めて裁判も辞さないつもりでおります。早期契約解除であり得ない損害賠償をされる事も避けたいと思っております。 →損害額の算定ですが、自分から解除するのですから、そう多くを望むことは難しいということはおわかりでしょうか?逆に損害賠償を阻止するには、債務不存在確認の訴えということになります。 しかしそこまで事を荒立てて、あなたにどういうメリットがあるかです。淡々と契約解除をして、相手方からの請求は黙殺(この請求は成り立たない)というのもうかいやり方ではないかなぁ、と思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい、私も本当ならここまで考えるつもりはありませんでしたが、ここまで荒げる理由があります。私は資格業であり、明確に責任不在の確認をしないと剥奪の恐れもあるからです。また他社との新しい契約を断ってくれと言われて今に至ります。
私からの解除ですが、幾度の改善願いを聞かず解除せざるをえない状況を作った会社の責任をとっていただきたいのです。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
解除については、やむを得ない事由があったことをあなたが立証することでよいのではないかと思います(解除自体は一方的意思表示=単独行為であり、相手が承諾する必要はありません)。 >私は資格業であり、明確に責任不在の確認をしないと剥奪の恐れもあるからです。また他社との新しい契約を断ってくれと言われて今に至ります。 →理由なき解除であれば、資格業で業務停止、除名など不利益処分を受ける可能性がありますが(その規約なり条文を見ていないのでなんともいえませんが)、それに対しては個別に異議申し立てをすればよいでしょう。  あなたが先手を打って、債務不存在確認の訴えを起こすのは、逆効果で、寝た子を起こす可能性があります。 競合他社との契約を断ってくれ、といわれても、ここで、Q1:仕事の依頼、業務従事の指示等に対する諾否の自由があるかないか、Q2:専属性の程度ー他社の業務に従事することが制約され、または事実上困難かどうか、の視点からみないといけません。 Q1について否定されると、指揮監督関係が肯定されることになり、ひいては使用従属性が肯定され、あなたは「業務委託者」ではなく「労働者」として労働法上の保護の対象になります。 Q2について、肯定されると、専属性の度合いが高く、あなたは「業務委託者」ではなく「労働者」として労働法上の保護を受けうることになります。  いずれにしても、相手方の主張自体、重要な矛盾を秘めていることになります。実質的には労働者としての扱いであるのに、形式的には業務委託者を標榜しているのですから。  よって、競合他社との契約を阻止されるゆえんはないし、あなたから契約解除はできる、他面相手方からの解除に伴う損害賠償は理由がないと解されます。
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問