JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

いま15年務めた会社で能力が低いことを理由に退職勧告をされております。 私は、2001年にアルバイトで入社して以下

質問者の質問

いま15年務めた会社で能力が低いことを理由に退職勧告をされております。
私は、2001年にアルバイトで入社して以下のように契約社員を経て正社員となりました。
2001年 アルバイト入社
2002年 契約社員
2008年 正社員
ただ正社員になってから、たしかに思うように業績を上げられず、
会社の人間関係なども悪化し、年々、減俸をされつづけておりました。
そして去年、1年間、能力向上に向けての指導と毎月の査定評価を行う取り組みをして、
(能力を41項目に分類し、5段階評価で評価し、毎月面談して指導するという取り組み)
正社員としての基準点に達していなければ、退職を勧告する という方針で
1年頑張ってきました。
しかしながら、2月の最後の面談で、正社員としての基準点にみたないので、
契約社員に降格したいとの通告がなされました。
面談がスタートした4月では、最初91点だった得点は、2月で140点と伸びはしたものの、
正社員としての基準点は180点からとされており、こんかいの通告となりました。
私としては、現時点で正社員としての能力が足りないと評価されてしまうのはしかたがない
とおもっていますが、改善する努力はしていたし、実際得点を見ても、上がってきているので
もう1年この取り組みをお願いしたいともうしでたのですが、
会社としては、その気はないという回答でした。
能力不足による解雇として、この会社の対応は正当なものでしょうか?
まったく改善しなかったというのなら、私ももう向いてないと割り切るのですが、
すこしずつですが改善は自分でもしていると思っており、
なんとか正社員のまま、勤めきりたいと思っております。
3月7日には答えを求められており、どうすべきか、至急アドバイスをいただけませんでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です 会社は正社員として雇用したのでしたら、雇用責任があります。正社員として雇用しておきながら、あとから能力不足により解雇といっても基本的には認められません。180点に満たないといっても、それならなぜ正社員として雇用したのかという話です。 会社の対応として評価できるのは「1年間、能力向上に向けての指導と毎月の査定評価を行う取り組み」をしたという点です。しかし、180点という数字は会社が勝手にもうけたものですし、最初と比べて点数が伸びているということから、解雇は不適切ではないかという貴方の主張ももっともでしょう。 次のような主張をして、契約社員への雇用形態への変更(降格ではありません)を受け入れず、解雇してきたら不当解雇として争う用意があることを主張してみてはいかがでしょうか。 ・正社員として雇用したのかは会社であり雇用責任がある・点数が伸びている・180点というラインは会社が勝手にもうけたものであり、その基準に満たないなら解雇が有効となるものではない 「1年間、能力向上に向けての指導と毎月の査定評価を行う取り組み」を行わずにいきなり解雇すればまず不当解雇となりますが、会社も1年間努力したという主張はできるので、仮に解雇があったとして解雇が有効かどうかは裁判所しか判断ができません。ただ、能力不足による解雇は極めて難しいものであるとは一般的にいえます。少なくとも180点に満たないから→それだけで解雇が必ず有効になるというものではありません

雇用・労働 についての関連する質問