JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

2000年に共同で有限会社を設立し、私が100万、先方(代表取締役)が200万の出資をしました。その後2002年に事

解決済みの質問:

2000年に共同で有限会社を設立し、私が100万、先方(代表取締役)が200万の出資をしました。その後2002年に事情があり、私は会社の経営を辞め、会社との接触もなくなりました。
その際、出資金を戻すつもりはないと代表から言われておりました。出資金の他に、貸付金が250万ありましたが、そちらの返済の意志もないとのことでした。
私の結婚により苗字が変わっているため、先日社員の登記の名義変更を申し入れと、現在の会社の経営状況を尋ねたところ、すでに私は社員として登記はされていないとのこと。
社員ではなくなっったという事及びその際の出資金の処理についても全く知らされておりませんでした。社員ではないので、経営状況を明らかにする必要もないと断られました。
当事者に連絡なく社員としての登記を変更するという事は法律的に問題ないのでしょうか。
設立時の出資金の処理はどのようになっている可能性があるのでしょうか?
近々法務局へ出向いて登記簿謄本を閲覧してみようと思っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
有限会社は会社法の改正により、広い意味ので株式会社ということになり、現在では、株主という用語を使うようになりました。会社の株主というのは、会社が保管する株主名簿に記載されている物であって、法務局への登記事項ではなく、公的な記録制度はありません。従って、あくまでも当事者間での争いとして、お互いが保管している記録などを提示して、争いを処理していくことになります。(登記簿上確認できるのは、取締役などの役員の記録があるだけであり、出資者を確認できるような記載はありません。)
質問者: 返答済み 1 年 前.
旧有限会社での社員はあくまで会社ないで保管する名簿に記載されているという事ですね。
仕事に関わっていた際は、専務取締役となっていましたので、これがいつどのように変わっているかの確認はできるものと捉えました。
念のため閲覧してみることも必要かもしれません。代表者は、すでに社員ではないと言っています。これは、株主でもないということになると、出資者の名簿から私の名前がないというこになるかと思います。しかし、出資金返還の打診も何もなく、いつのまにか名簿を書き換えているということも法的に問題ないものなのでしょうか?会社の経営状態だけでなく、誰が出資者になっているか確かめるにも、決算書などを見せて欲しい旨依頼しましたが、すでに社員ではないため見せる必要がないとの回答です。
社員ではない=出資者ではないという考え方ではいけないでしょうか?
出資者でなくなっているとしたら、経理上はどのように処理したものかも見せてもらいたいと思っていますが、先方には私にそれを提示する義務はないのか疑問に思っています。
私が出した出資金がどうなっているのか、確認したいと思っています。
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
>旧有限会社での社員はあくまで会社ないで保管する名簿に記載されているという事ですね。その通りです。>仕事に関わっていた際は、専務取締役となっていましたので、これがいつどのように変わっているかの確認はできるものと捉えました。念のため閲覧してみることも必要かもしれません。はい、取締役に就任されていたのであれば、それは登記事項ですので登記簿上の確認は可能です。また、取締役から外されていた場合には、解任、退任、などの事由が登記簿に記載されていますので、確認可能です。なお、登記申請の際には、辞任届や株主総会議事録などの書面が必要になりますが、もし、登記真正から5年以内であれば、登記申請時の書類が法務局に残っていますので、閲覧可能です。(閲覧は利害関係人に限られますが、登記が抹消された本人ですので、閲覧可能です。免許証等の身分証明書をご持参ください。)また、法定の保管期限は5年ですが、少し経過した程度であれば残っている可能性がありますので、登記簿に記載された日にちを告げて職員に確認されるとよいでしょう。 >代表者は、すでに社員ではないと言っています。これは、株主でもないということになると、出資者の名簿から私の名前がないというこになるかと思います。しかし、出資金返還の打診も何もなく、いつのまにか名簿を書き換えているということも法的に問題ないものなのでしょうか?当然問題がありますが、それをどのように立証するのかを考えていく必要があります。 >会社の経営状態だけでなく、誰が出資者になっているか確かめるにも、決算書などを見せて欲しい旨依頼しましたが、すでに社員ではないため見せる必要がないとの回答です。社員ではない=出資者ではないという考え方ではいけないでしょうか?出資者でなくなっているとしたら、経理上はどのように処理したものかも見せてもらいたいと思っていますが、先方には私にそれを提示する義務はないのか疑問に思っています。私が出した出資金がどうなっているのか、確認したいと思っています。 結局のところ、前述と同じで、どのようにご質問者様が株主であるのかを証明し、交渉を進めていくのかにかかってきます。まずは、無断で役員を外されているようであれば、該当する登記申請の内容を確認するところと、出資時の領収書や振り込みの控えなど、揃えれるものからそろえていくことが必要でしょう。
houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問