JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

年始めから下請け業者に就職して2ヶ月が経ちます。 仕事内容は設備保全で、これは鉄鋼を扱うことが基本の力仕事です。

解決済みの質問:

年始めから下請け業者に就職して2ヶ月が経ちます。
仕事内容は設備保全で、これは鉄鋼を扱うことが基本の力仕事です。
溶接等の技術も必要です。
そこに全くの未経験で採用していただきました。
最初は頑張る気持ちがあったのですが、手を痛め、腰を痛め、段々と自分には合っていないような気がしてきました。
長い間、父が経営する店で働いてきたのですが、高齢を理由に店を畳みました。
私はずっと深夜から早朝にかけて勤務してきたため、これを機に他業種へ移ろうと考えました。
ストレスに参っていたのだと思います。
そして上記の会社へ転職しました。
しかし体がついて行かず、社長からもどやされ続け、続ける意欲を失ってしまいました。
そこで退職したい旨を告げたのですが、取引先との契約があるために1年間は退職を認めないと言われました。
入社時の書類には、「雇用期間を定めない」となっています。
また、試用期間で結論を出すのは早過ぎる、教育も無駄になるとも言われました。
この2ヶ月間ほどずっと悩んできたことも伝えたのですが、頭から否定されました。
私としては全く納得できませんので、今度取引先の部長に相談してみようと考えております。
自社の社長には前回とても高圧的に拒否されたので、もう話をしたくありません。
その部長に相談しても駄目だった場合は、「退職届」を提出するしかないのでしょうか?
社長とは家が近いので、出来れば穏便に済ませたいと思っています。
良い知恵がございましたら、ご教授のほどお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です 期間の定めのない労働契約でしたら、民法により2週間前の申し出で退職することができます。●民法627条1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 憲法22条では職業選択の自由が定められおり、退職は原則、自由にできます。会社の許可は不要です。 したがって、取引先の部長の方に相談しなくても退職はできます。1年間もの間、退職を認めないとすることはできません。労働者が退職を申し出れば会社の許可なく退職できます。 民法では2週間前となっていますが、少し余裕をもって1か月前に退職届を提出すれば十分です。退職届は辞めさせてくださいというお願いの形ではなく、「●月●日に退職いたします」のほうが良いです。お願いの形にすると許可があるまでずるずると先延ばしされます。きっぱりと●月●日に退職いたしますと言い切るのが良いです。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問