JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 279
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

昨年の10月5日にデイサービスに正社員で入り今4か月少し経ちました、有給は4月5日以降でないと発生しない状態でしつもんで

質問者の質問

昨年の10月5日にデイサービスに正社員で入り今4か月少し経ちました、有給は4月5日以降でないと発生しない状態でしつもんです、
今月の2/11に熱をだし病院に行くとインフルエンザと診断され 医者にいつから出勤できますかと尋ねると 熱が下がったら次の日から良いですといわれたのでそのことも踏まえて職場に連絡をしました、その時点で最初11.12.13日は休んでくださいと、13日になったら電話をするようにと指示があったので、その通りに電話をすると、さらに14.15.16日までやすんで17日からくるようにと指示を上司受けたのでその通りにしました、
そして、25日もらった給料明細をみると、3日欠勤 げんがくで約24000円ほどひかれていました、上司の指示でやすんだのに、どうして
欠勤扱いになり、減額までされるのですか
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 1 年 前.
こんにちは回答いたします。11~16日まで上司の指示で休んだということですが、実際にインフルエンザが治って、出勤できる状態になったのはいつなのでしょうか?おそらく上司の方はデイサービスなので利用者にインフルエンザが感染することを防ぐために休みの指示をしたものと思われます。給料は基本的にノーワークノーペイの原則により、働いていない日数については、給料は発生しませんので、3日間欠勤であれば、3日間分の控除しているのは違法ではありません。しかし、例えば貴方のインフルエンザが治って14日からは出勤できる状態なのに会社の指示によって14,15,16日は休みになったのであれば、休業補償として、平均賃金の60%以上を会社は貴方に支払う義務があります。よって、貴方のインフルエンザが治って出勤できる状態になったのがいつなのかによって、事情が変わってくるかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます、そうですね予防接種をうけていたためか、11日に薬を飲むとすぐに熱がさがり、13日の時点では完全に熱はありませんでした、
何日をもって、完治とするのかは、わかりかねますが、病院の先生は熱がなくなったら、次の日からはいってもよいといわれました
ちなみに職場は11.12.13は何でしょりしたのでしょうか
今おもいかえせば、14.15.16に関しては欠勤届をだせと上司にいわれ、書いてしまっています。
専門家:  hiroumushi 返答済み 1 年 前.
そうですか。11,12,13日については、会社にどのような扱いにしたのかは確認してみてください。14,15,16日については、欠勤届を出しているのであれば、その3日間が欠勤控除の対象になっているのではないかと考えられます。もし、どうしても納得できないのであれば、14,15,16日の3日間については、出勤できる状態であり、上司に欠勤届を強要されたことを伝え、欠勤届の撤回と3日間についての60%以上の休業補償を請求することが考えられます。しかし、あくまでも法的には上記の方法が取れるとしても、上司や会社と関係が悪くなることも想定されますので、よく考えて行動してください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
はらは、たちますが、あきらめます、いろいろありがとうございました

雇用・労働 についての関連する質問