JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

正社員6人+パート1人の診療所の経営者(院長)です。 職員とは診療開始時間を就業開始時間とし雇用契約しています。 しかし

質問者の質問

正社員6人+パート1人の診療所の経営者(院長)です。
職員とは診療開始時間を就業開始時間とし雇用契約しています。
しかし診療開始準備のため早く出社する必要があるため、全員15分以上早く出社しタイムカードに出社時間を記録しています。
このため午前の準備15分+午後の準備15分合計30分に対し準備手当として一人5000円/月をを支給していました。
全員車通勤のため、15分以上早く出社とはいっても交通事情を考慮し結局20分から30分以上前に到着しタイムカードに記録しています。
今回職員から就業開始15分前よりさらに早く到着した時間分に対し準備手当の増額の要望がありました。
この場合、交通事情ででタイムカードの出社記録時間は当然個々に異なりますが、
準備のために早く出社した分は厳密に計算して手当の増額をする必要があるでしょうか?
多くの企業ではそこまではしていないと思うのですが間違った考え方でしょうか?
ちなみに数分でも早く出社した分を相殺する意味で、就業時間内でも患者の診療が終了した時点で職員を帰宅させています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です前回はご相談と評価くださいましてありがとうございました。 始業時間前の準備は、次の場合に労働時間となり賃金が必要となります。・使用者側から始業準備前に作業の準備を行うことを義務づけている場合・明確な指示がなくても準備を行わない場合に不利益な取り扱いがなされる場合・業務を行うために準備を行うことが通常必要と考えられる場合 準備のために早く出社した分についてですが、交通事情を考慮し20分から30分以上前に到着した時間から賃金を支払う義務は使用者にはありません。ただし、業務を行うために準備を行うことが通常必要と考えられる作業を実際に行った時間に対しては計算して賃金の支払いが必要です。そこまでしている企業は仰る通り割合でいえば少ないです。したがって、他の手当も支払われていて準備手当も支払われている貴院の従業員の方の労働環境はいいと私は思います。 今後の対応として厳密に診療開始前に作業をした個々の時間を使用者が管理して賃金の支払いをするのは大変ですから、例えばですが診療開始時間前の10分よりも前については作業を行わないようにと決めてしまうのも良いでしょう。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のご回答ありがとうございました。こちらとしてもこれ以上の手当の増額はしたくないので、
ご回答を参考に、診療開始時間前に設けた準備時間の開始前に作業をしないように決めたいと思います。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
評価くださいましてありがとうございました。またご丁寧なご返信にも感謝申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問