JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 424
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

副業での収入を会社に完全に知らせない方法があれば、お教えください。マイナンバー導入によって注意することがある場合は、その

質問者の質問

副業での収入を会社に完全に知らせない方法があれば、お教えください。マイナンバー導入によって注意することがある場合は、その点も含めてご教示いただければ幸いです。よろしくお願い致します。
補足:
私の勤めている会社の就業規定では、同業、または現在の業務に影響するようなものでなければ副業は禁止されていません。また、今やっている副業は、どちらにも該当していないと思っていますが、会社の文化として、知られると快く思わない人も社内には、いるようなので手続きとして知らせないようにできるならそれに越したことはないため、ご相談している次第です。
また、そもそも就業規則に反する事と、違法である事とは別の話だと認識していましたが、この時点から誤りだという事でしょうか。
なにぶん法律には無知ですので、その点もふくめ、専門家から正しい知識をアドバイスをいただける事を期待しており、間違って認識している事があるなら正したいと思っております。
倫理的に言えない事を、無理に言わせようとは考えておりませんので、ご理解いただけますと幸いです。
自分でも調べていますが、確定申告が関係する事もあるようですので、できれば週明け月曜までにご返信いただけますと幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
この度はご相談下さいまして誠に感謝しております。只今文面内容拝見させて頂きました。 法律上副業については禁止されておりません。また、会社の就業規則で副業禁止されていれば、従業員は従う事が原則として求められますが、貴方の会社の場合は禁止規定が無いという事ですので、そうであれば副業しても差し支えはございません。万一会社に知られたとしても、業務に支障をきたしていない限り問題ございません。家庭教師であれば、実際副業でされている会社員の方も少なくないでしょうし、疲労が溜まらない程度で行われる分については全く問題ないといえます。完全に知らせない方法ですが、貴方から知らせなければ会社が知る事は出来ませんので通常であれば大丈夫といえます。勿論、副業について会社に報告する法的義務もございません。但し、たまたま現場を会社の人に目撃されたり、生徒さんのお家の方から耳に入れたりすることはありえますので、100パーセント知られる事を防ぐのは不可能といえるでしょう。勿論、知られたからといって会社からお咎めを受ける事はございませんのでご心配は無用です。 あと、税務について私共は専門家でないので、分かる範囲内でのみ申し上げます。確定申告の際のマイナンバー記載については、平成28年度の申告分、つまり平成29年の2~3月にかけて行う申告手続きから記載が必要となります。従いまして、この度の申告には記載は不要です。

雇用・労働 についての関連する質問