JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

婚約者の労働について相談です。 現在一緒に暮らしている婚約者は、とあるスーパーマーケットで社員として働いています。

解決済みの質問:

婚約者の労働について相談です。
現在一緒に暮らしている婚約者は、とあるスーパーマーケットで社員として働いています。
彼女はいつも7時前後から20時前後まで働いています。
休憩も1時間取れるかどうからしいです。
残業代も支給されるのですが、あまりにも業務量が多いため途中でタイムカードをきりサービス残業をしなければいけない状態のようです。
特に、年始や恵方巻きのシーズンはとても忙しいらしく、朝2時、3時くらいには家を出ています。もちろん夜まで働いています。
昨日も夜まで仕事でしたが、今日は恵方巻きの日とのことでついさっき出て行きました。
ちなみに朝7時まではタイムカードを切れないらしいです。
このような勤務体系は許されるのでしょうか。
会社側は残業しないように早く帰れと言っている。従業員が勝手に残業をしている。
早朝の出勤も会社が命じたわけではない。
恐らくこのような理屈なのでしょう。
とても許せません。そうしなければ回らないような環境にしている会社が本当に憎いです。
これまでの残業代の請求もしたいのですが、それ以上にこの現状と会社名を世間に公表し、謝罪してもらいたいです。
このようなことは可能なのでしょうか。
また、上記内容は違法ではないのでしょうか。
是非、ご意見を頂戴したいです。よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
会社が従業員に労働中にもかかわらずタイムカードをきらせたり、朝の出勤時にタイムカードを切らせないのは当然、許されることではありません。
従業員が勝手に残業をしているとの理屈は通用しません。業務量が多く残業をしていることを会社が知っていて黙認していれば残業代の支払いが必要です。
残業代の未払いになりますので実態を労働基準監督署に知らせて労働基準法違反で申告することが可能です。
社名の公表ですが、厚生労働省が大企業で1年間に3つ以上の事業所で是正勧告を受けた企業については社名を公表することになっています。その他、是正勧告があったにもかかわらず放置して書類送検になった場合も公表することがあります。
労働基準監督署への申告や訴訟なしに公表するのはリスクのある行為です。会社が否定すれば逆に訴えられるおそれがあります。厚生労働省が社名を公表するのも是正勧告をしたという経緯をたどってです。つまり、違法状態を確認できてからです。違法状態を確認してもらうためには一定の証拠が必要になってくるでしょう。訴訟にしても実態がそうであっても第三者である裁判所が判断するためのものが必要となってきます。
訴訟は公開で行われるので世間に知ってもらうという点では労働基準監督署への申告よりも良いでしょう。厚生労働省が公表するのは上記のような条件を満たした上でのことでまだ一部の企業が公表されるにとどまっています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございました。
監督署に報告し、残業代の請求がしたいとなった場合は何か証拠のようなものが必要なのでしょうか?
タイムカードを切っていないため、実際に何時間サービス残業になっているのか証明するものがありません。
これらがないと報告自体難しいのでしょうか?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
メモ、日記、電車通勤ならICカードの改札の通過時間、業務日報、メールの時間、同僚の証言、駐車時間、PCのログインログオフ時間など何もないことはないと思います。
全部ではなくても一部でもあると結果は違ってきます。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。
回答をご覧頂きましてありがとうございます。
あえて回答していなかったのですが、労働基準監督署へ相談(報告を含めて)自体は証拠の有無は関係なくできます。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問