JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1057
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

退職の件です。 12月9日に辞意を役員に伝えました。その時は退職届を受け取ってもらえていません。同僚にはその日に私の辞職を役員が説明しています。退職届を出していない現状で2週間後

質問者の質問

退職の件です。
12月9日に辞意を役員に伝えました。その時は退職届を受け取ってもらえていません。同僚にはその日に私の辞職を役員が説明しています。退職届を出していない現状で2週間後に退職云々は適用されるものでしょうか。よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

期間の定めのない労働契約の場合でしたら、口頭でも退職の意思表示は成立しますので2週間後に退職できます。ただ、本日は1月26日で12月9日に退職の意思表示はされていても働き続けているのでしたら再度、退職の意思表示はしたほうが良いでしょう。なぜなら2週間を超えても辞めずに働き続けることで働くことの意思表示があると解釈されるからです。
「○月○に退職いたします」と再度退職届を提出して受け取らないのであれば置いてきても良いでしょう。「○月○日に退職させてください」のように退職の許可を求めることになると会社の許可がでるまでずるずると在職が続くので、きっぱりと○月○日に退職いたしますが良いです。

後々、言った言わないのトラブルを防ぐため、退職届を内容証明郵便で出すのも1つの方法です。

雇用・労働 についての関連する質問