JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

主人が会社を退社したく、会社規定にのっとり、2か月前に退職願いをだし、3年間一度使用させてもらえなかった有休が23日

質問者の質問

主人が会社を退社したく、会社規定にのっとり、2か月前に退職願いをだし、3年間一度使用させてもらえなかった有休が23日あるため、1月11日に現在勤めているお店が閉店するため、その日を、持って業務終了とし、その後有休消化したい旨を会社に申し出たところ、15日付と書き変えた退職願いを出さなければ有休消化はできないと言われたそうです。さらにボーナスも出したのだから、23日全部消化はしないで欲しいと言うニュアンスの事を上司から言われたそうです。本当に11日付けでは有休消化はできないのでしょうか?
会社規定と労働基準法どちらが優先されるのでしょうか?
旦那の会社は各週休2日制といいながら結局、週1しか休みが貰えず休日出勤として2日分は日当1万円が支給されますが、働く時間は9:30から最低でもお店の閉店する時間までは帰れません。23時閉店で、その後片付け事務仕事を終え帰宅するのはいつも午前1時や2時です。タイムカードもなく、勤務形態を記録してるものはありません。
すべて会社の言う通りにしないとダメなのでしょうか?どちらに相談すればいいのかわからず質問させていただきました。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です。

>15日付と書き変えた退職願いを出さなければ有休消化はできないと言われたそうです。

→ そんなことはありません。有給休暇は労働基準法39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものです。

>ボーナスも出したのだから、23日全部消化はしないで欲しいと言うニュアンスの事を上司から言われたそうです

→ ボーナスは関係ありません。

>本当に11日付けでは有休消化はできないのでしょうか?

→ 1月11日に有給休暇の申請はできないかというご相談でしょうか?それでしたら1月11日に12日以降の分を申請できます。例えば、退職日が3月11日でしたら、その退職日までに残っている有給休暇は全部取得できます。退職日を超えて有給休暇を取得することはできません。

>すべて会社の言う通りにしないとダメなのでしょうか?

→ そのようなことはありませんのでご安心ください。

>タイムカードもなく、勤務形態を記録してるものはありません。

→ 残業代が支払われていないということでしょうか。ICカードの改札通過時間や、日記、メモ、パソコンのログなど証拠になり得るものはあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
会社側から言われた通りにせず、有休を貰う方法はどうすればいいのでしょうか?どこに相談したらいいのでしょうか?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です。

有給休暇を書面で申請すれば大丈夫です。口頭でも申請はできるのですが、後で言った言わないのトラブルになる恐れがあるので書面にすべきです。

仮に有給休暇を申請してその分の賃金が支払われなければ、労働基準法違反であり労働基準監督署へ賃金未払いで申告することができます。裁判所へ訴訟も可能です。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です。

先の回答の補足です。

有給休暇は労働基準法39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものですので、会社の言われた通りにする必要がありません。書面で申請すれば会社がその通りに与える必要があります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
書面による申請は書式などは会社毎に異なるのでしょうか、
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です。
有給休暇申請の書式は会社で用意してないとこも多いです。
用意している会社の場合ですが会社によって書式は異なります。
会社の書式を使わなくても大丈夫です。
なぜなら、労働者から申請するものでこの書式を使わなければいけないと決まっていないからです。書式のタイトルを有給休暇取得申請書にして、取得する日、氏名、会社名などを記載して申請してください。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です。

有給休暇のことで不明点はないでしょうか。もしあれば回答させて頂きます。ある程度のところで下記対応をお願いしております。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です。

以前の回答でお伝えさせて頂いてますが、退職日を超えて有給休暇は取得できないのでご注意ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
有休消化について、 退職願いに記載したのですが、別途申請が必要ということですか?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です。

いえ、有給休暇取得申請書と退職届を同じ書面に記載しても構いません。
お伝えさせて頂きたかったのは、例えば1月22日が退職日として、有給が23日残っているとすると退職日までに全部消化できず、有給が一部残ったままの退職となってしまうということです。退職日以降は労働義務がないですから、労働義務を免除するための有給はたとえ未消化の有給が残っていても退職日以降は取得できないことになります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
会社から許可がおりるなら有休取得できる日数まで在籍して退職という事も可能なのでしょうか?それとも締め日に合わせて自分が有休を取って退職日まで取れるようにするのでしょうか?一応経緯としては、11日までの出勤で残りを有休に充てて末日で退職。残り残数少しあるが仕方ないかなという思いでしたが、会社側から退職届けの書き換えなどを命じられ、15日まで勤務に書きかえるよう言われてます、もともと23日全部消化できないのにさらに4日も減らされるのは納得行かず、15日まで勤務しろと言われるなら2月かぶっても23日全部消化したいと言いたい所なのですが、それは労働基準法的にどうなのかわからないので教えてください。何度も申し訳ありません。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です

>会社から許可がおりるなら有休取得できる日数まで在籍して退職という事も可能なのでしょうか?

→ 可能です

>それとも締め日に合わせて自分が有休を取って退職日まで取れるようにするのでしょうか?

→ 退職を締め日に合わせなければいけない義務はありません。

>会社側から退職届けの書き換えなどを命じられ、15日まで勤務に書きかえるよう言われてます、もともと23日全部消化できないのにさらに4日も減らされる のは納得行かず、15日まで勤務しろと言われるなら2月かぶっても23日全部消化したいと言いたい所なのですが、それは労働基準法的にどうなのかわからな いので教えてください。何度も申し訳ありません。

→ 既に回答させて頂いている通り、有給休暇は労働基準法39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものです。したがって、11日までの出勤にして12日から有給休暇を取得することができます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
最終出勤日から有休消化してる間は公休は計算しないで計算するものなのでしょうか。それともひと月に与えられるべき公休プラス有休の日数なるのでしょうか?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です

公休などもともと会社が休みの日は有給休暇を取得できません。有給休暇は労働義務のない日については取得できないからです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
隔週休2日制なので、今月はまだ1日しか休みがないので11日で勤務終了した場合、5日間は有休使えないとい認識なのでしょうか?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です

そのご認識であっています。
例えばですが、退職日までの日数が20日として、有給休暇が20日残っているとします。この場合、もともと会社が休みの日は有給休暇は取得できないので、数日は未消化の有給休暇が残ります。全部、有給を消化するためには退職日がもう少し先になる必要があります。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です

専門家として相当回数の回答をさせて頂きました。下記対応を宜しくお願い致します。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
既に評価済みです。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用労働カテゴリの特定社会保険労務士です

評価頂きましてありがとうございます。

「既に評価済みです。」とのことでジャストアンサーのシステムで自動的にメールが届いているのかもしれません。ご返信の通り、一度、評価をすれば再度の評価は不要です。そのままにしておいてください。

雇用・労働 についての関連する質問