JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

間違えて評価し、質問終了としてしまいました。 再度お願いしたいと思っています。よろしくお願い申し上げます。恐らく上の

質問者の質問

間違えて評価し、質問終了としてしまいました。
再度お願いしたいと思っています。よろしくお願い申し上げます。恐らく上の人達は、1ヶ月分の解雇予告手当を渡して明日から来なくていいよ、という形にしたいのだと思います。そうやって今まで10人以上の人間を切ってきましたから。
実質去年の年末にも、部長クラスの人に「分かってると思うけど、次副社長に何か言われたら明日から来なくていいよ、ってなるから」と言われています。話は別となりますが、年末に年始の分の有給申請しようとした所、「あと1ヶ月なんだから、そんな事していいと思うの?」と言われ、拒否されました。
他の人には許可するのに、と思いましたが。。
またその部長は去年の全員の12月の残業代は出さないと声高に謳ってもいました。実質出しているかはわかりませんが。
因みに就業規則には、パワハラの項目は記載済みです。去年の11月頃には副社長や部のリーダーから、4時間近く1つの部屋で一方的なミーティングをさせられ、ひたすら「お前は何も出来ない、わからない癖にいい気になるな」ということも言われました。
そうやって色々切ってきて、次のターゲットになったのが私でした。色々やってやりたいと思う一方、復讐等されないだろうか?と懸念している部分もありますが大丈夫でしょうか?
結婚を今年控えているので、複雑な気持ちではあります。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリの特定社会保険労務士です。
操作をお間違いになったのですね。
引き続き回答させて頂きます。
宜しくお願い致します。
>恐らく上の人達は、1ヶ月分の解雇予告手当を渡して明日から来なくていいよ、という形にしたいのだと思います。そうやって今まで10人以上の人間を切ってきましたから。
→ 解雇予告手当を支払えば解雇が有効になると思っているのか、あるいは解雇が簡単に有効にならないと思っていて解雇しているのかだと思います。いずれにしてもこのような方法での解雇はまず有効となりません。不当解雇として争うことが可能です。
>年末に年始の分の有給申請しようとした所、「あと1ヶ月なんだから、そんな事していいと思うの?」と言われ、拒否されました。
他の人には許可するのに、と思いましたが。。
→ 有給休暇は労働基準法39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものです。拒否できるものではありません。ただし、会社には有給休暇の申請があっても事業の正常な運営を妨げる場合には「時季変更権」というのがあります。事業の正常な運営を妨げる場合とは「単に忙しい」だけでは時季変更権を行使できないとされています。時季変更権は退職日を超えて行使することはできないことになっています。なので、退職前に有給休暇を取得した場合、事実上、時季変更権は行使できないです。
>またその部長は去年の全員の12月の残業代は出さないと声高に謳ってもいました。実質出しているかはわかりませんが。
→ 残業代は労働基準法により支払う義務があります。支払わなければ労働基準法違反です。過去2年さかのぼって請求が可能です。
>去年の11月頃には副社長や部のリーダーから、4時間近く1つの部屋で一方的なミーティングをさせられ、ひたすら「お前は何も出来ない、わからない癖にいい気になるな」ということも言われました
>そうやって色々切ってきて、次のターゲットになったのが私でした。
→ このようなやり方はパワハラであり許されないことです。当時の詳細なメモを残しておくと良いでしょう。今後はICレコーダー等で録音も考えられます。
>色々やってやりたいと思う一方、復讐等されないだろうか?と懸念している部分もありますが大丈夫でしょうか?
→ 不当解雇や賃金未払い、パワハラ等で争うのは会社に出勤しなくなったときからも可能です。在職中に争えば嫌がらせ等があるかもしれないので、出勤しなくなった日からにされてはいかがでしょうか。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリの特定社会保険労務士です。
もう少し補足で回答させて頂きます。
「復讐等されないだろうか?と懸念している部分もありますが大丈夫でしょうか?」がどこまでの範囲をおっしゃっているのかなと思ったのですが、出勤しなくなった日から争ったとして、もし自宅まで乗り込んできてとかのご心配をされているとなると警察を呼ぶなどの対処が必要となるでしょう。その可能性はまったくないということは言えません。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
最近進展がありまして、席移動というか仕事異動をすることになりました。
ただそれは上からの指示には変わりないのですが 、不当に私を辞めさせるための策かもしれない案が出ています。仕事異動をして、ダメだったら2月末までと先日の28日に言われ、それは口頭ではありますが文書でなくても効力はあるのでしょうか。
また実際に出された場合、その場でサインをする前に一旦持ち帰りはした方が良いですよね?
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリの特定社会保険労務士です。
評価頂きましてありがとうございます。
>仕事異動をして、ダメだったら2月末までと先日の28日に言われ、それは口頭ではありますが文書でなくても効力はあるのでしょうか。
また実際に出された場合、その場でサインをする前に一旦持ち帰りはした方が良いですよね?
→ 2月末でよほどの理由がなければ退職させることはできません。仮に2月末で退職させられれば解雇となります。そしてよほどの理由がない解雇は不当解雇として争うことが可能です。
>また実際に出された場合、その場でサインをする前に一旦持ち帰りはした方が良いですよね?
→ 仰る通りその場でのサインは避けたほうが良いです。
※一度、評価頂いてますので再度の評価は不要です。次に新たにご質問があるときは最初のご投稿のように新規でご投稿を宜しくお願い致します。

雇用・労働 についての関連する質問