JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 416
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

リラクゼーションセラピストと業務委託契約を検討していますが、契約者の報酬金があまりにも低かった場合最低保証みたいな金

解決済みの質問:

リラクゼーションセラピストと業務委託契約を検討していますが、契約者の報酬金があまりにも低かった場合最低保証みたいな金額をつけても大丈夫でしょうか?
また営業時間が朝10:00~夜0:00と考えております。契約書に委託者Aとは10:00~16:00委託者Bとは16:00~0:00みたいな契約時間を記載し承諾をいただければ拘束をしてもよいのでしょうか?週何回との契約も記載できますか? ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。只今文面内容拝見させて頂きました。正月で帰省していて回答が遅れてしまい大変失礼いたしました。 業務委託契約となりますと、雇用契約とは異なり、先方に仕事の進め方や仕事をする時間等は全て任せなければなりません。つまり、仕事さえしてもらえれば何をやっても自由であり、指示命令をしたり一定の時間において拘束したりする事は出来ないというのが業務委託や請負契約の性質になります。 そこでまず報酬についてですが、最低保証を付ける件に関しましては、セラピストの仕事の進め方や時間等を拘束する事にはなりえませんので特に問題はございません。 これに対し、「10:00~16:00」「16:00~0:00」といった時間の拘束を求める事は業務委託契約にはなじまないものといえます。但し、業務内容によってはある程度決まった時間帯に仕事をしてもらいたいという事もありえますので、どうしても時間帯を決めたい場合ですと、以下のようにされるといでしょう。・ご文面のような時間帯は設定するが、あくまで契約上では大まかな作業時間帯の目安といった表現にとどめ、運用においてもタイムカード等で勤怠チェックを取ったりしない事・仮に上記時間に遅刻したり早退したりしたとしても、顧客のセラピーを放棄するといったような仕事自体に影響を及ぼす事実がなければ報酬を満額支払う事 一方、週に何日業務を行うかについても大まかな目安として厳格な履行を求めなければ問題はないものといえるでしょう。 従いまして、来店した顧客に対して常に即時対応が必要な仕事でしたら、結局指示命令が求められますので業務委託は無理ですが、そうではなく完全予約制で事前に複数のセラピストと相談して都合をきかれた上で合意の上仕事をお願いするといった流れであれば、業務委託も可能になるといえるでしょう。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
悩みが解消されました。ありがとうございます。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
こちらこそ評価下さいまして誠に有難うございました。 お仕事での一層のご活躍を願っております。(※尚、画面上の表示に関わらず、この回答への返信は不要です。)

雇用・労働 についての関連する質問