JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

改正障害者雇用促進法で、労働者が障害者の場合、合理的配慮が義務付けられます。 会社が合理的配慮をしないと、どうなり

解決済みの質問:

改正障害者雇用促進法で、労働者が障害者の場合、合理的配慮が義務付けられます。
会社が合理的配慮をしないと、どうなりますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
合理的配慮義務については、指導や勧告といった行政指導に関する規定はありますが、罰則規定はありませんので、これを直接の理由として罰金その他刑罰を受けることはありません。
しかし、法令違反には違いありませんから、これによって不利益を受けた障害者の方と争いになった場合には、損害賠償請求を受ける可能性があります。
また、指導に従わない悪質な事業者として、適切な労働環境が整っていない可能性が高い事業者として目をつけられ、他の労働法令に関する調査の頻度が増えたり、チェック内容が厳しくなるといった形での不利益が考えられるでしょう。
houmuをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問