JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 424
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

契約社員として図書館で働いて3年目になります。昨日、次回の契約更新はないと言われました。 「仕事が遅い・結果人の半

解決済みの質問:

契約社員として図書館で働いて3年目になります。昨日、次回の契約更新はないと言われました。
「仕事が遅い・結果人の半分しか働いていない」「勤務態度が悪く、改善がみられない」「客とのトラブルが多い」などの理由が挙げられました。更新にあたっては個人面談があるのですが、その前にチェックシートというものを出します。自分で判断する項目→責任者という立場の人間が判断する項目→最終的に長が判断します。去年はこのチェックシートに引っかかる形となり、最終判断の時に粘って、どうにか今年の更新はしてもらいました。今年は、「更新したと思ったら態度がもとに戻ってしまった。同じことの繰り返しになるので更新はできない」とのことでした。
仕事がそれは早いとは言えませんが、異常なほど遅いとは思いません。勤務態度が悪いというのは、長や責任者が見えないところから見張っていてサボってるところを見たのだといいますが、異常なほどサボっていたとはとうてい思えません。そもそも自分たちは見張っているのが仕事だといいますが、そんなはずあるわけがありません。客とのトラブルとは言っても、相手はクレーマーだったりします。それも去年の話です。他にもクレーマーと問題を起こす人はいましたが、私は始末書まで書いたというのに、聞いたら何も言われなかったとのこと。人によって対応がまるで違います。いつも契約の話をするときは長と責任者クラスの人間が2人、私側の人間はいません。3対1で言われたら、具体的な話はできません。こんなことで契約更新解除になるなんて納得できません
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。只今文面内容拝見させて頂きました。所用の為回答が遅れまして失礼いたしました。 契約更新の可否につきましては、労働契約の内容に基づき使用者側(図書館)で判断する事柄になります。 貴方の場合ですが、具体的に業務上の問題点を挙げられた上で、 前回も更新が危うかった経緯を踏まえますと、正直契約更新をしないという措置も全く不当とはいえないでしょう。単に納得できないというだけで反論する事は困難といえます。 しかしながら、業務上の措置やその評価について公正でないという事実があれば、そうしたを衝く事で更新へ持ち込める可能性がないとまではいえません。 具体的には、「他にもクレーマーと問題を起こす人はいましたが、私は始末書まで書いたというのに、聞いたら何も言われなかったとのこと。人によって対応がまるで違います。」という箇所に問題があります。あくまで人事上の措置や評価は恣意を排除し公平に行わなければなりません。事実であれば、少なくともこれをもって貴方だけ契約更新しないという理由になりえないのは明らかでしょう。 あと、「いつも契約の話をするときは長と責任者クラスの人間が2人、私側の人間はいません。3対1で言われたら、具体的な話はできません。」につきましても、3人が貴方を威圧するような態度で面談に臨んでいるという状況でしたら、職場で優位に立つ人たちが貴方の発言を封殺しているといえます。そうなりますと、一種のパワハラ行為に該当することになるでしょう。 対応としましては、図書館側に抗議しても恐らく無駄でしょうから、労働基準監督署へ行かれてご相談されることをお勧めいたします。こうした事案に関しましては、客観的立場に立つ人から公平な判断をしてもらう事が重要です。監督署では、中立した第三者である専門家の、あっせん案提示による解決方法も無料で受けられます。 勿論、まずもって貴方自身の至らない点については真摯に反省し改善をされる事が求められます。図書館側の非を責めるだけの一方的な主張では、監督署でも善処はしてもらえないでしょう。また貴方が更新を勝ち取るといった補償もございませんが、少なくとも今のまま納得せず契約更新解除とされる必要はありませんので、こうした行政の支援も受け最善の手段を取った上で解決を図られるのが妥当といえます。
質問者: 返答済み 1 年 前.

前回危うかったのも、そもそも責任者の一部が悪意を持って評価を下げたからです。同じ立場の人たち(責任者ではない)はみなそれを分かってくれています。今回はチェックシートも出す必要がないとまで言われています。労働基準監督署に行って意見を聞きたいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.

前回危うかったのも、そもそも責任者の一部が悪意を持って評価を下げたからです。同じ立場の人たち(責任者ではない)はみなそれを分かってくれています。今回はチェックシートも出す必要がないとまで言われています。労働基準監督署に行って意見を聞きたいと思います。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
ご返信感謝しております。 労働基準監督署へ行かれるとの事ですね。それは良い選択と思います。その際注意して頂きたいのは、まず感情的にならず丁重にお話しされる事、そして自分にも至らない点がある事を反省する姿勢を示される事です。たとえ、前回の評価の件も含めまして図書館側に非があるとしましても、いきなり図書館側を責め立てるような主張は一種のクレーマーではとの誤解を招きかねません。冷静で客観的に状況説明をされる方には、監督署の方も丁寧に応対されるはずですので、そこは怒りを我慢して話される事が重要です。 そして、冷静かつ丁重に話された上で、現状では図書館側と直接交渉しても立場が弱いので支援して欲しい事、あっせんでの解決を図りたい事を伝えましょう。ここはしっかりと主張しませんと、監督署も多忙ですし深刻な事態と受け止めてくれない可能性がありますので、遠慮なく要請してください。 是非良い結果が得られる事を心より願っております。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問