JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

宅配のドライバーですが 7月に業務中に荷台から転落し 頭蓋骨骨折と硬膜下出血で入院1か月しました 会社からは休業補償

質問者の質問

宅配のドライバーですが 7月に業務中に荷台から転落し 頭蓋骨骨折と硬膜下出血で入院1か月しました 会社からは休業補償の手続きをしていただいていますが 後遺症が残りました 嗅覚と味覚が 全く無くなってしまいました このケースは 労災の後遺症の補償はありますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

お体は大丈夫でしょうか。お大事になさってください。

労災が認められるとケガが治るまで治療を受けることができ、その間に働くことができない状態の場合で、かつ、会社から給料が支払われない場合、休業補償給付があります。

労災の障害補償給付は一定の障害が残り症状が固定したときに支給されます。症状が固定したときとは、医学上一般に認められた治療を行ってもその医療効果が期待できなくなったときをいいます。休業補償給付と障害補償給付が同時に並行して支給されることはありません。ケガが治らず働くことができないときに→休業補償給付が支給され、医学上一般に認められた治療を行っても医療効果が期待できなくなったときに→障害補償給付となります。固定臭覚と味覚がまったくなくなった場合は障害補償給付の対象となります。

労災による療養開始後から1年6か月を経過してもケガが治っていない場合で傷病等級に該当しますと傷病補償年金に移行する形になります。つまり、休業補償 給付が支給されなくなり傷病補償年金が支給されるようになります。もし、傷病等級に該当せず傷病補償年金が支給されない場合は引き続き休業補償給付が支給 されます。

上記を簡潔に整理しますと、治癒していないときは休業補償給付から傷病補償年金、治癒したとき(症状が固定したとき)に休業補償給付から障害補償給付となります。

雇用・労働 についての関連する質問