JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

娘の婿の件ですが、彼は、間もなく50歳になります。大卒後、神戸の食品会社で25年間無遅刻無欠席で勤務し、46歳で娘(

解決済みの質問:

娘の婿の件ですが、彼は、間もなく50歳になります。大卒後、神戸の食品会社で25年間無遅刻無欠席で勤務し、46歳で娘(39歳)と結婚、新居は娘の実家、高石市内に住むようになりました。娘が精神的な問題を抱えるため、実家の近くに住む必要があったためです。2年前に現在の会社(臨海部の食品会社)に転職し、給料は大分下がりましたが、娘の障碍者年金と合わせて、何とか購入した中古マンションのローンを支払いつつ、つつましく幸せに暮らしていました。ところが、娘がブログで夫との楽しそうな様子とか、その他を書いたりするものですから、一部のオチャ(watcher)の不興を買いました。
執拗に臨界の食品会社を追跡調査され、電話でその会社の事務に、婿を辞めさせるまで
電話をかけ続けるとブログに書かれ、それが現在も何カ月にもわたり続いております。
一人の中年の女性と思われる人のようですが、会社側が顧客の一人と考えるのでしょうが、適切な処置もとらないため、そのまま続いているのです。婿は会社に呼び出されては
注意を受けているのです。こちらでは娘が警察に相談しましたが、いっとき止まったと思ったが。すぐ再開されました。
婿は会社に迷惑がかかっているといい、来年1月10日に雇用満期退職とされると
いい、仕方がないと言っております。
以上のことで相談ですが、会社側は、婿が文句を言わないのをいいことに正月中勤務、
祝日、日曜日はすべて勤務です。会社にとって都合のよい労働者とされています。
婿は会社に対して、週2日、だいたい火曜日と金曜日休めること、自転車で通えること
危険でない仕事であることで、本当は続けたいと思っています。
本人に非がなくて、配偶者が病気であることで、婿が職を失うというのは、気の毒てなりません。娘はブログを辞めるよういくら言っても聞き入れません。病気のせいでありますが、自分の生きる力だと言っています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。只今文面内容拝見させて頂きました。 ご相談の件ですが、文面を拝見する限り婿様は勿論、娘様にも何ら責任はございません。 一番悪いのは、会社に電話をかけ続けると脅している中年の女性watcherです。顧客で婿様または婿様の会社に不満があるのでしたら、会社に直接問い合わせれば済む問題です。従業員ではない娘様の個人的なブログにこうした内容の書き込みをする事自体常軌を逸しており、これを繰り返し行っているとしますと、もはや脅迫罪にも相当する可能性が高いといえるでしょう。 そして、こうした犯罪行為の可能性もあるような行為に対して、会社が被害者であるはずの婿様を解雇しようとするのでしたら、全くの筋違いで明らかな不当解雇といえます。勿論、婿様が自分から退職する必要も全くございませんし、絶対に退職されてはいけません。そして、娘様も楽しみにされているブログを辞める必要など全くございません。そういった事をすれば、皆自分の言いなりになると一番悪者であるはずの中年の女性watcherが喜ぶだけですし、婿様と娘様の生活を破壊されるだけでなく、「あそこは何か文句をいえば従業員をすぐ辞めさせる事が出来る会社だ」という評判も広がるなど、会社にとりましても返ってダメージを大きくしてしまいます。 対応としましては、まずブログには特定の人からのコメントをブロックする機能も通常備わっていますので、まずは娘様にそうした機能を使ってこのwatcherからのコメントを非表示とするようお願いして下さい。(もしやり方が分からなければ、ブログを運営しているプロバイダーに問い合わせましょう)そして、婿様と娘様に対して、貴方たちに責任はない事、会社から女性watcherへきちんと対応してもらうよう要請する事、警察には引き続き相談し被害届も正式に出される事、そして今後の生活の為にも絶対に仕事は辞めない事、以上をアドバイスされることをお勧めいたします。 お二人は被害者であっても、加害者ではございませんので、しっかりそうした主張を会社に対してもなされる事が最も重要な事です。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問