JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

保険代理店に9年勤務していました。9月30日の夜に勤務していた会社の上司に呼ばれ、10月20日付けで辞めてもらうから

質問者の質問

保険代理店に9年勤務していました。9月30日の夜に勤務していた会社の上司に呼ばれ、10月20日付けで辞めてもらうからと言われ、私が前に仕事を辞めたいと話してたことが上司の耳に入ったので、受け入れるのだから解雇ではなく一身上の都合で退職が筋ですと言われました。
その後、20日間有給でこれからどうしようと困っていたところ、周囲の方々の助けで同業の保険代理店に就職が決まったので、揉めるのは嫌だから前職の社長(親子経営で父親が会長)に保険会社側から私が別の代理店に勤務してよいか確認を取り、了解いただいたのでそれならば一身上の都合での退職を受け入れ、20日付けで退職し21日から新しい勤務先で働くことになりました。
すると前職の会長が激怒して「許さん!辞めさせろ!」と保険会社へ怒鳴りちらす日が続きました。社長が了解したから今の代理店に勤務してる旨伝えても全く聞き入れず、私が今の会社を辞めない事がわかった今、先方は弁護士に相談に行き、私と今の勤務先を訴えると動いているようです。近日中に内容証明が届くことになっているで、まだ何を訴えているか詳細はわかりませんが、今私がお世話になっている会社の社長と前職の社長が先日話し合いをして、私が既存の顧客に連絡を取らない等の誓約書を改めて書くか、退職させるかの選択を迫られたようです。翌日、これ以上今の会社に迷惑かけられないと思い退職することを決めたのですが、退職したとしても誓約書は書いてもらうし、訴えは取り下げないとの話で、今の社長は「話が違うでしょう。辞めれば訴えないといっていたのに」と強く伝えたのですが、前職の社長は前の話し合いを反故にして、どちらにしても私には今の業種に残るのが許せないようです。
保険会社には、私が新しい会社へ移ってから交わしたお客様との保険の契約は、元々自分の会社のものだから、返してもらう。携帯電話に入っている情報は削除させろ、一身上の都合で辞めたのに、クビになったとお客様に言ってるのは名誉棄損にあたるので、一件ずつ訂正しに伺え等々・・・。
どのように対処したらよいか、今お世話になっている社長と頭を悩ませていますので、よいアドバイスがあればお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
質問者: 返答済み 1 年 前.
先ほど、前職の社長から今の社長に連絡があり、今まで色んな話をしていく中で話の食い違いやとらえ方の違いが多くあるので、保険会社の社員(支社長と担当者)と前職の会長社長親子と、今の社長と私の全員で20日の夕方に話し合いの場を持とうということになりました。先方は、既存のお客様とコンタクトを取らない等の誓約書に私がサインする意思がないのであれば訴訟を起こすと意気込んでいるようです。
先方は保険会社に私が契約した情報を開示するよう依頼しています。
こちらも追加で対処方法をアドバイスいただけますようお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
(質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
>先方は、既存のお客様とコンタクトを取らない等の誓約書に私がサインする意思がないのであれば訴訟を起こすと意気込んでいるようです。
→意味ありません。このような訴えは主張自体成り立たず、棄却です。なぜなら、競業避止特約は事前にとっておかないと意味がないし、強いてとれば強要罪(刑223条)になるからです。
>9月30日の夜に勤務していた会社の上司に呼ばれ、10月20日付けで辞めてもらうからと言われ、私が前に仕事を辞めたいと話してたことが上司の耳に入ったので、受け入れるのだから解雇ではなく一身上の都合で退職が筋ですと言われました。
→退職勧奨と自己都合退職の強要ですので、不法行為(民709条)として損害賠償に値する重罪です。
>保険会社の社員(支社長と担当者)と前職の会長社長親子と、今の社長と私の全員で20日の夕方に話し合いの場を持とうということになりました。
→この場で、「あなたがひかない場合は、強要罪と不当解雇で訴えるゾ」ということでよいでしょう。誓約書は証拠資料としてもらっておいてよいでしょう。しかしハンコはつかないほうがベターでしょう。向こうの弁護士が出てきて何をいうかも重要で、全部録音してください。
話し合いなどできないでしょうね。
★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。やはり、先方は内容証明や訴訟という文言を言えば私が引くと思っての脅迫的な感じなんでしょうね。20日に面会するときに、私が新しい職場に就いてからコンタクトをとったすべての既存のお客さんのデータを出せと言ってきてるのです。
そんな情報を提示する義務はないですよね?
先方が依頼した弁護士には、おそらく自分たちにとって都合のよいことしか話してないような気がします。
前職に勤務しているときに誓約書は書かされましたが、もしその誓約書に競合避止特約が書いてあった場合はどうなのでしょうか?
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
>20日に面会するときに、私が新しい職場に就いてからコンタクトをとったすべての既存のお客さんのデータを出せと言ってきてるのです。
そんな情報を提示する義務はないですよね?
→ありません。
>前職に勤務しているときに誓約書は書かされましたが、もしその誓約書に競合避止特約が書いてあった場合はどうなのでしょうか?
→特約の有効性は、イ労働者の自由意思に基づくものか、ロ必要かつ合理的な範囲か(1競業行為を禁止する目的・必要性、2退職前の労働者の地位・業務、3競業が禁止される業務の範囲・期間・地域、4代償措置等を総合考慮し、その制限が必要かつ合理的な範囲を超える場合は、公序良俗違反として無効と解せられます。
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。大変参考になりました。しっかり対応していくようにします。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
ご評価ありがとうございます。
がんばって下さい。正しいものが勝ちます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
再度質問、アドバイスをいただけるとありがたいです。
本日、前職の会長社長と会長夫人と保険会社支社長、今の社長、私の6人で面談してきました。
昨日、私の自宅に内容証明は届いたのですが、その内容では、前職就業時に知りえた営業秘密たる顧客情報を不正に持ち出し、
現在の職場で保険契約を結んだことは、前職就業時に交わした雇用契約の債務不履行にあたるのと、不正競争防止法にも反する
重大な違法行為であるとのことです。
あと、虚偽の退職理由を伝えて顧客に同情を買い契約の勧誘をしたことは悪質だとのことです。
今日の面談は録音しましたが、話にならないので、私は話の途中で退席しました。
結局は私が今の会社に就職してからの保険契約は、前職の契約だから回復させることと、
前職就業時に交わした「機密・個人情報に関する誓約」とのことで、退職後も機密情報については開示・漏えいもしくは使用しないことを
約束いたします。もし機密情報を開示、漏えいもしくは使用した場合、法的な責任を負担することを確認し、前職の会社が被った損害を
賠償することを約束いたします。との文言で、日付に関しては私の字体ではなく、署名捺印は私のもので間違いないのですが、こちらに
署名しなければ、今年度からは就業できない旨言われたので、とりあえずサインしたものであります。
今日、コピーをもらえたので、しっかり見て再度この誓約書の有効性などのアドバイスをいただきたくお願いします。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
>前職就業時に知りえた営業秘密たる顧客情報を不正に持ち出し、
現在の職場で保険契約を結んだことは、前職就業時に交わした雇用契約の債務不履行にあたるのと、不正競争防止法にも反する
重大な違法行為であるとのことです。
あと、虚偽の退職理由を伝えて顧客に同情を買い契約の勧誘をしたことは悪質だとのことです。
→これは相手方の主張であって、法解釈としては正しくありません。無視して結構です。ただし証拠資料にするため保存しておいてください。
>私が今の会社に就職してからの保険契約は、前職の契約だから回復させることと、
前職就業時に交わした「機密・個人情報に関する誓約」とのことで、退職後も機密情報については開示・漏えいもしくは使用しないことを
約束いたします。もし機密情報を開示、漏えいもしくは使用した場合、法的な責任を負担することを確認し、前職の会社が被った損害を
賠償することを約束いたします。との文言で、日付に関しては私の字体ではなく、署名捺印は私のもので間違いないのですが、こちらに
署名しなければ、今年度からは就業できない旨言われたので、とりあえずサインしたものであります。
今日、コピーをもらえたので、しっかり見て再度この誓約書の有効性などのアドバイスをいただきたくお願いします。
→この誓約書は相手方の強迫によるもので真意でない、ということでよいでしょう。あるいは内容証明で先の誓約書は貴殿の強迫によるもので、取り消すとの一文を送ってもよいでしょう。
あっせん、又は労働審判にもっていってよいと思います。
ただし、私はそのような誓約書にハンコをついてよいとは言ってないので、そこはあなたの自己責任になります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速の回答ありがとうございます。
気持ちが楽になりました。来週、市内の弁護士さんに相談の予約をしているので、
しっかり詳細を話した上で対応していきたいと思います。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
ご評価ありがとうございます。
さしたる証拠もないのに主張をしても無意味なので、内容証明(相手方の一方的な主張が多いものです)は、気にしないほうがよいでしょう。
がんばってください。

雇用・労働 についての関連する質問