JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

労働契約法8条には使用者と労働者の合意により決定される」とありますが、この際、その条件変更の理由というのは問題にな

解決済みの質問:

「労働契約法8条には使用者と労働者の合意により決定される」とありますが、この際、その条件変更の理由というのは問題になるのでしょうか?
今回は個別に、労働者(私)と雇用主(社長)との間で、健康面の理由により、労働時間の短縮と賃金の引き下げの合意がなされましたが、社でお世話になっている労務士の方に社長が相談したところ、労務士の方に、その理由は合理的ではないと許可されませんでした。他の労働者が同じことを言い出せば、会社が成立しなくなるとのことでした。
お互いが納得しているのに、どうしたらいいか悩んでいます。例えば、もし医者の診断書が取得できれば、労務士は納得してくれるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
結論から申し上げますと、貴方と使用者である社長がOKであれば大丈夫です。労働条件の変更の理由が合理的であるかどうかは労働契約法8条では求められていません。仮に労働条件の変更の同意がどちらか一方の脅迫等によってなされたものであればその同意は自由意志に基づいたものでなく無効ですが、今回の件ではそういうこともないので大丈夫です。社長にこのことを伝えると良いでしょう。
>他の人が、私も肩こりが酷いからと言って、同じ条件を出してきたら、会社が成立しない。
→ 使用者が個別に話をよく聞いて、労働条件の変更に同意するかどうかを決めれば良いだけです。労働者からの一方の申し出で変更が成立するなら会社が成立しないという意見もうなずけますが使用者と労働者の双方の同意が必要ですので肩こりのことを持ち出して法的にできないかのような誤解を与える言い方は間違っているでしょう。
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問