JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

支店長は経費を月々50万円以上、公私の区別なく使用しています。

解決済みの質問:

支店長は経費を月々50万円以上、公私の区別なく使用しています。 架空請求書も中には存在します、内部事情を知る社員をパワハラで今年5月に解雇いたしました。念のため、証拠の書類は保管しています。 私にも、暴言や不愉快な言葉を云います。 今後どうしたら良いでしょうか、法的に対応すれば報復してきます。給与や昇進、待遇面で不安です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 1 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
会社を相手にパワハラによる慰謝料請求事件として労働審判をおこせばよいでしょう。証拠書類は、これは文書化していつでも出せるようにすればよいでしょう。店長は利害関係人として出頭させればよいでしょう。
解雇については、その被解雇者が申立人にならないと、あなたでは当事者適格がありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
経費を月々50万円以上、公私の区別なく使用しています。 架空請求書も中には存在します、内部事情を知る社員をパワハラで今年5月に解雇いたしました。①仮に、本社に匿名で告発した場合、無差別に報復してきたら対応はどうすれば良いのか?
②業務上横領罪で告発したら、有罪にできる、できないの判断見込みはいかがですか。
③慰謝料請求事件として労働審判など、上司をパワハラで解雇できる、できない。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
①報復・不利益取扱は労基法104条2項・119条1項で処罰されますので、監督署に申告してください。
②80%有罪にできます。
③ パワハラで「解雇」はできません。不法行為による慰謝料請求しかできません。解雇権jは会社にあるからです。
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1355
経験: 中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問