JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

営業職です。有給休暇ではなく病欠した時に給料は欠勤として差し引かれます。プラスでその月内に欠勤した分として4回残業す

解決済みの質問:

営業職です。有給休暇ではなく病欠した時に給料は欠勤として差し引かれます。プラスでその月内に欠勤した分として4回残業することを強要されました。1回分は1時間15分。(自分で1回分の時間は設定します)残業代は見なし残業で30時間分、毎月の給料に含まれています。基本給は16万円。営業手当てが10万円ですが会社規定のノルマが達成できないと営業手当ては減らされ7万円になります。
欠勤した分、給料が引かれてるにも関わらずその分の残業を無賃で行うのは合法でしょうか。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
>欠勤した分、給料が引かれてるにも関わらずその分の残業を無賃で行うのは合法でしょうか。
欠勤した分を給料から控除することは違法ではありません。
しかし、残業を無賃で行わせるのは違法です。
(労働基準法第24条、第37条違反)
また、基本給は16万円に見なし残業で30時間分が含まれているということですが、そうであれば最低賃金法に違反していることになります。
最低賃金制度
http://pc.saiteichingin.info/
>その時間に契約が取れたら営業成績になる。インセンティブが付くから契約が取れたら給料も上がると説明されました。
こんな言い分は当然通用しません。
これらの点を指摘し、会社に改善を求めてください。
それでも改善しないのであれば労働基準監督署に申告するしかありません。
このような明らかな労働基準法違反に関しては労働基準監督署に申告することができ、労働基準監督署は労働者からの申告に対して、会社に指導・是正勧告を行います。
労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

見なし残業が基本給にではなく営業手当てに含まれていたらどうなりますか?

成績次第で10万円から7万円に減額されますが残業代の扱いはどうなるのでしょうか?

追加で申し訳ございません。よろしくお願いします。

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
営業手当に見なし残業を含めることも可能ですが、成績次第で10万円から7万円に減額されるような営業手当に含めることはできません。
また、見なし残業は就業規則、労働契約書等で明確にその時間数、金額(どの手当に含まれるかも)を明示しておかなければなりません。
単に口頭で「給料に見なし残業が含まれている」というのはそもそも認められません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

もう一点だけ確認させてください。

退職は2ヶ月前に告知で、その2ヶ月は給料が基本給プラス営業手当てで20万円に変更になります。大抵の営業は突然出勤しなくなってるようですが、私は辞めることは2ヶ月前に告知するつもりでいます。そうなると生活が出来ない給料になってしまいます。この場合、突然辞めたほうがいい?と思ってしまいます。どうしたらいいのか教えてください。早番でも家に着くのが20時。遅番ですと23時過ぎになることも多いです。ダブルワークも出来ないので悩んでいます。よろしくお願いします。

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
労働契約法第3条により「労働契約は労働者および使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、または変更すべき」とされ、また同法第8条により「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる」とされています。
つまり、賃金の減額などの労働条件を変更するには労働者の同意が必要であり、一方的には変更できません。
このような法律上の根拠を引き合いに出し、退職までの2ヵ月についても本来の給料を請求してください。
会社がこれに応じないのであれば、先ほどの回答と同様、労働基準監督署に申告するしかありません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

改善依頼をしたときに退職を迫られたらどうなりますか?

7月に9月末日で退職の希望をしましたが受け入れられず、交渉して12月一杯で退職することになりました。その前に即 退職を言い渡されたら

突然の解雇になり1ヶ月分の給料を要求できるのでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
労働条件を変更するためには労働者の同意が必要ですが、この同意をしないからといって、同意しない労働者に対して不利益な取り扱いや、解雇などはもちろん無効となります。
仮にあなたが解雇を受け入れるのであれば、適正な解雇手続きを請求することになります。
労働基準法第20条により、会社は労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をするか、30日分以上の平均賃金を解雇予告手当として支払わなければならない、と定めてあります。
>1ヶ月分の給料を要求できるのでしょうか?
正確には30日分です。
>7月に9月末日で退職の希望をしましたが受け入れられず、交渉して12月一杯で退職することになりました。
一旦流れた話のことですので、解雇になった場合に影響する話ではありません。
なお、当初のご質問「欠勤した分、給料が引かれてるにも関わらずその分の残業を無賃で行うのは合法でしょうか。」から主旨が大きく外れてきていますので、これが最後の回答とさせていただきます。
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問