JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

はじめまして。O(オー)と申します。 現在、37歳・警備業アルバイト(勤続5年)になります。 2年程度前から

解決済みの質問:

はじめまして。O(オー)と申します。
現在、37歳・警備業アルバイト(勤続5年)になります。
2年程度前から、心療内科を受診し始め業務に当たっておりましたが、6月中旬から現在まで休職しております。
医師の診断では、鬱の傾向が強いと(明確な病名では無く、柔らかい言い方で)お話を受けておりました。
体調不良の原因については、仕事上から来た心的負担であると自覚しておりますが、客観的に判断出来る明確な因果関係書類の様な物は頂いておりません。
(正確には、医師との間においてそこまで話を詰めていない状況です。)
そしてお恥ずかしい話ですが、貯金も尽き先月から金融会社から借り入れをして生活しております。
この様な状況になり労災手続きを会社へ打診しようと考えているのですが、各方面・関係者への不都合などを考えると躊躇してしまいます。
そこで話の進め方や具体的な手続き機関や必要書類等について円滑な方法をご教授戴ければ幸いと思い、今回ご相談させて頂きました。
宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

労災申請については労働基準監督署が窓口となっていてます。労災申請は原則、労働者本人がするものです。そして、労災かどうかを認定するのは労働基準監督署となります。労災申請は会社の印鑑がなくても、その事実を労働基準監督署に言えば受け付けてくれます。会社の印鑑は労災であることを証明するものではなく、あくまでも労災かどうかを判断するのは労働基準監督署となります。したがって、会社に対しては労災申請をしたいことを伝えて、拒否されれば労働基準監督署にその旨を伝えてください。

労災であると判断されるには業務上であると労働基準監督署に認められる必要がありますが、例えば時間外労働でしたら月80時間以上とか月100時間以上が目安となります。 その他には酷いパワハラがあるなどです。タイムカードや酷いパワハラがあったことを証明できるものがなければ労災申請は認められない可能性が高いでしょう。

ところで健康保険に加入していて一定の条件を満たせば傷病手当金の申請ができる可能性があります。仮に現在、健康保険に加入していなかったとしても、アルバイトでの週の労働時間によっては健康保険に加入義務があるかもしれません。もし、加入義務があったと判断されればさかのぼって加入することも可能です。健康保険の加入については年金事務所が窓口となっています。傷病手当金については健康保険協会又は健康保険組合が窓口となります。傷病手当金は多くの会社が依頼すれば手続きをしてくれます。

心の病気で労災が認められるケースはかなり少ないので、現実的には傷病手当金の申請となるケースがほとんどです。

社会保険(健康保険と厚生年金)については旧厚生省により次の①と②の両方を満たせば加入とされています。

①1日又は1週間の所定労働時間が、同じような業務の正社員のおおむね4分の3以上であること

②1か月の所定労働日数が、同じような業務の正社員のおおむね4分の3以上であること

傷病手当金は連続3日の休みの後の休んだ日について、標準報酬日額の約3分の2相当(お給料の1日分の3分の2ぐらい×労務不能の日数)が支給されます(連続3日の間はもらえません)6月中旬から休職されているのであれば、支給されればかなりの金額となるでしょう。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ekotae 様

ご回答有難うございます。

追加の質問です。

業務内容として、本来は警備会社が行ってはならない違法内容が多々ありました。

主にお客様のメリットとしては、3分の1から2分の1、程度の人件費削減と弊社が人材のやりくり(あくまで数合わせ)が容易だった事、弊社としては仕事が頂ける事が大きな理由でした。

その経緯としましては、弊社営業担当者とお客様との間で契約し、その後2年強の間に少しずつ違法性を帯びた内容もエスカレートしていった状況でした。

私自身は、法律に関する認識が甘く、仕事が頂ければ幸いと感じ大きな疑問を抱く事はありませんでした。

加えて、契約当初、弊社営業担当者は「専門分野外の業務なので、私が引き継ぎや管理を行う。」と言う事でしたが、実際は半年に一回程度、現場へ来ていただけでした。

それにより、アルバイトである私がその代役として終始実施していました。

①労働基準監督所から見て、上記違法行為を行っていた事は、お客様・弊社営業担当者(弊社責任者)・私、3者は同罪となりますか?

②また、この内容を私が被害者的な立場で傷病手当金の申請や労災申請を弊社へ願い出る事は、何らかの不都合が発生しますか?

③加えて、お客様の過失や責任について追及する事も方法の一つになりえますか?

宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

追加のご質問の情報だけでは不明点があるのですが、貴方の罪にはならない問題のように思います。

労災申請についてですが、違法行為が原因で労災と主張ということでしたら、会社は労災申請に協力はしないと思われます。そういった意味では不都合があるといえるかもしれません。ただ、労災の申請は先の回答にもふれましたが、本人申請が原則で、会社が手続きに協力しなくても申請は可能です。仮に労災申請する場合、違法行為があったことの確認も必要となってくるでしょう。労災の認定はいくつもの項目(出来事)が考慮されます。私生活上のことも判断材料の1つとなります。違法行為があったことは判断材料の一つにはなりえます。ただ、判断材料の1つであるので、違法行為が確認できれば必ず労災が認定されるというものではありません。

傷病手当金の申請については、私生活上のことでの申請となるので、違法行為があったからと主張すると労災でということになります。

労災と傷病手当金の両方を申請しておくということも可能です。労災が認められなければ傷病手当金を受給、労災が認められれば傷病手当金を受給しないという形です。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ekotae 様

丁寧なご返答ありがとうございます。

本日、心療内科へ診断書を頂きに行く予定です。

申請にあたり、その際に、話をするポイントやお願いした方が良い事などはありますでしょうか?

宜しくお願いします。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

医師に対して話をするポイントやお願いしたほうが良い事などはあるかどうかのご質問でよろしかったでしょうか。

労災にしても傷病手当金にしても申請書に医師が記入する欄があるので記入してくれるかどうかを確認しておいたほうが良いでしょう。

また医師の感情や機嫌を損ねないように配慮したほうが良いです。

申請書には柔らかな表現を使うのではなく、具体的な病名を書いてもらってください。

傷病手当金の場合は先の回答でふれましたが健康保険へ加入しているかどうかがまずクリアすべき問題となります。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問