JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

セクハラで訴えられました。拒み続けたのに、しつこく食事に誘われたという内容です。私は会社での取り調べを何度か受け、結果セ

解決済みの質問:

セクハラで訴えられました。拒み続けたのに、しつこく食事に誘われたという内容です。私は会社での取り調べを何度か受け、結果セクハラのレッテルを貼られ、春先に重大な懲戒処分を言い渡されました。地方の閑職へ転勤も余儀なくされました。それ以降これまでの半年間、断腸の思いで過ごしてきました。しかし諦めるわけにはいかない、少しでも汚名をすすぎたいとの思いで再度質問させていただく次第です。名誉を回復する具体的な方法として、先方の女性に一筆書いてもらうことを考えています。内容としては①訴えた内容に一部虚偽があったこと ②セクハラに相当する行為はなかったこと。以上の2点です。訴えた本人に訴えた内容を覆させることが如何に困難であるかは理解しているつもりです。したがって、専門の方に仲介に入ってもらう必要があると考えていますし、相当の金銭の授受も必要であると覚悟しています。つまり、事後にはなりますが、示談により訴えを取り下げてもらいたいのです。質問は2点です。1点目、そのようなことが可能か。2点目、仲介していただくとしたら、それは弁護士の先生が適当か。その他何でも結構です。アドバイスを頂ければ幸甚です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。只今文面内容拝見させて頂きました。回答が遅れてしまい大変失礼いたしました。 ご相談の件ですが、懲戒処分や異動からだいぶ時間も経過していますし、ご認識の通り正直これまでの処分等を覆すのはかなり難しいと覚悟されるべきです。やはり貴方が無実であると主張されるのであれば、処分が下された時点で強く異議申し立てを行い、仮に却下されても弁護士にご相談され訴訟に持ち込む等迅速及び徹底的な対応を取られるべきでした。 但し、おっしゃる通り訴えた内容に一部虚偽があったことにより、セクハラ行為がなかったかあるいはあるとしてもごく軽微なものであると判断されるようですと、争う余地は残されているといえるでしょう。 勿論、先方の女性が簡単に応じてくれるとは限りませんし、まして金銭授受となれば、結局は貴方がセクハラ行為を認めたという事になってしまいますので、万一会社に漏れた場合今以上に辛い思いをさせられるかもしれません。 従いまして、対応としましては金銭で解決するという貴方にとりましても屈辱的な方法ではなく、あくまでセクハラ行為が無かったという貴方の信念を貫き通した上で、セクハラ関連の訴訟の弁護士経験のある弁護士にご相談され、言われなき処分に対する会社への損害賠償訴訟を検討される事をお勧めいたします。適任の弁護士については、地元の弁護士会にて紹介してもらうのがよいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。処分決定後、異議申し立てはしないと文書で回答したので、会社と争うつもりはありません。仮に女性が虚偽を認めても処分が覆ることもないと理解しています。
ただ、名誉を回復したいのです。そこで金銭が動こうとも、仮に相手が虚偽の申告であったことを認めたならば、それは意義のあることであり、マイナスの影響があるとは思えません。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
ご返事下さいまして誠に感謝しております。 「処分決定後、異議申し立てはしないと文書で回答したので、会社と争うつもりはありません。仮に女性が虚偽を認めても処分が覆ることもないと理解しています。 ただ、名誉を回復したいのです。」— 処分取り消しを求めるのではなく単に名誉を回復したいだけという事でしたら、何も弁護士に相談等される必要性はございませんし、かつそうした方法での解決は困難といえます。公に法律上の白黒を明確にして訴訟等で問題を解決するのが弁護士の仕事ですし、社内での名誉回復だけで受任する弁護士は恐らくいないでしょう。 そのようなご意志でしたら、貴方自身が金銭なり説得なりご自身の許容しうる手段でこの女性に虚偽申告があったことを会社に言ってもらう他ございません。ただ、訴訟での判決のような強制力のある手段ではございませんので、あくまで女性の気持ち次第ですし、仮に女性が虚偽を認めて会社に申告されたとしても、会社がどのような形で名誉回復を図ってくれるかもまた会社の気持ち次第です。 従いまして、こうした強制力を伴わない方法では貴方が望むような結果が出来るか否か見通しは立ちません。結果に失望されないよう、うまくいかない事もある事を前提の上で行動に移されるようご自身の腹を決められる事が必要です。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のご回答ありがとうございました。
私が当該女性に接触することは許されることではありません。また、金銭の授受を伴う仲介が法的に許されるのは弁護士のみと伺ったことがあるので、このような相談をしました。考えが浅はかであることは理解しました。
ありがとうございました。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 年 前.
こちらこそ評価及びご理解下さいまして大変感謝しております。 そうですね、貴方は十分に反省もされて相応の処分も受けていらっしゃいますので、今後は胸を張ってお仕事に邁進される事を願ってやみません。 (※画面の表示に関わらず、この投稿への返信及び評価は不要です。)

雇用・労働 についての関連する質問