JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

昨日、勤めていた会社より懲戒解雇を通知されました。 懲戒の理由は私が本年に提出した2点の始末書の内容 1.終業時

質問者の質問

昨日、勤めていた会社より懲戒解雇を通知されました。
懲戒の理由は私が本年に提出した2点の始末書の内容
1.終業時間が遅くなり、現場より直帰する際、高速を利用して帰宅したことをETCの不正利用と指摘された件。
2.タイムカードの打刻漏れに対して上司の承認印が必要なところ、私が勝手にデスクにある印鑑を押印した件。
上記2点を理由として懲戒にあたると判断したと通知されました。「その他、幾度となく業務上注意を促した事項についても、改善の余地がみられない」との記載もありましたが具体的事例は説明ありませんでした。
まずは懲戒にあたる事例であるのか私自身も納得いくまで調べたいと考えています。
ただ、会社からは同時に8月31日までに退職届を出すならば諭旨退職扱いとするとの通知も受けています。
納得いくまで調べるべきなのか諭旨退職にて手続きすべきか相談お願いしたいです
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

情報リクエストさせてください。

>1.終業時間が遅くなり、現場より直帰する際、高速を利用して帰宅したことをETCの不正利用と指摘された件。

→ これは社用車を使っていてETCの利用が禁止されていたところを高速を利用して会社に料金負担が発生したということでしょうか。

質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます

社用車を使用してのETC利用は禁止されていません。

ふだん社用車にて現場へ赴き、仕事をおこないますので、

直帰を行うことも報告済でしたが高速で帰宅したことを問題視されました

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ご返信ありがとうございます。

禁止されていなかったのですね。

ETCを利用したことは会社に報告をされたのでしょうか?

>高速で帰宅したことを問題視されました

→ 高速の利用は禁止されていたのでしょうか?

>幾度となく業務上注意を促した事項についても

→ 具体的事例は説明がなかったとのことですが、何か特別な業務上の注意があったのでしょうか?ささいな業務上の注意はあって当然です。

質問者: 返答済み 2 年 前.

高速の利用は禁止されていません。

また、就業規則にどういう風に記載されているのかの説明もありません

特別な事例はありません。面談の場でも説明求めましたが顧客からの対応に対するクレームがあるとの内容の話をされました

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ご返信ありがとうございます。

いくつか質問をさせて頂きましたが懲戒解雇は無効になる可能性が高いと私は考えます。

その理由として、高速とETCの利用が禁止されていなかったこと、終業時間が遅かったという理由があることから不正利用とは言い難いことがまずあげられます。

次に、「幾度となく業務上注意を促した事項についても、改善の余地がみられない」点が懲戒解雇の理由の1つとしてあるようですが、具体的な業務上の注意内容の説明もなく、また特別な懲戒解雇の理由となるような出来事がありません。また、顧客からのクレームが少しあった程度では懲戒解雇が有効となるほどの理由になりません。

勝手にデスクにある印鑑を押印した件については貴方に非があったと言えますが、他の点も含めて総合的に考えると懲戒解雇の処分は重過ぎると私は考えます。

参考までに懲戒解雇が有効となるには次のような相当厳しい要件を満たすことが必要です。懲戒解雇はそう簡単に有効となるものではありません。
①懲戒事由や懲戒の種類が就業規則に明記されていること
②就業規則が周知されていること
③懲戒規定の内容が合理的であること
④就業規則の懲戒事由に該当した事実があること
⑤平等な取扱いであること
⑥処分の重さが相当であること
⑦適正な手続きを踏んでいること

上記の②は仮に就業規則に懲戒の定めが明記されていても周知されていなければその就業規則に拘束力がないというものです。なので、仮にお勤めの会社で就業規則が周知されていなければ、重過ぎる処分としても争うことはできますし、周知されていないという点でも争うことが可能になります。

質問者: 返答済み 2 年 前.

返信が遅くなったにもかかわらず丁寧な回答ありがとうございました。

こちらの質問と並行して労働基準監督署へ相談したところ一人でも入れる労働組合があるとのことでそちらに訪問し話を聞いてもらうとそちらでも不当解雇に当たるので裁判をと強く勧められました。

私はまだ争うことを決めたわけではないのですが会社から発行された懲戒処分通知書のなかに8月31日までに私の意志により退職届を作成し提出すれば9月30日をもって諭旨解雇とするとの記載があり、(ご丁寧に退職届のひな形も渡されました)31日までに態度を決める事を求められていました。

ユニオンでは就業規則、賃金規定、の開示、解雇理由証明書の作成、を求める内容証明郵便を送付することを勧められ、就業規則が開示されていなかった事、私に弁明の機会が与えられなかっとことを理由に1週間以内の開示を請求しました。

上記対応すれば31日の態度表明は不要であるとのアドバイスでしたが間違いないのでしょうか

よろしくお願い致します

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

>上記対応すれば31日の態度表明は不要であるとのアドバイスでしたが間違いないのでしょうか

→ 31日までに退職届を出す必要はありません。「態度表明は不要」については、会社に対して、専門家やユニオンに相談したところ不当解雇になるから懲戒解雇してきても争いますのように会社に伝えても良いと思います。そうすれば会社は解雇について裁判で負け金銭を支払うことになるかもしれないことを意識しますので懲戒解雇をしてこない可能性もあります。つまり、事前防止効果を期待できます。裁判をすれば費用と時間がかかるのでしなくて済む方法をまず私は考えます。

何も態度表明しなければ会社は懲戒解雇してくると思われるのでそうすると懲戒解雇の撤回を争うしかありません。

就業規則、賃金規定、の開示、解雇理由証明書の作成を求めることは良いと思います。やはり事前防止効果が期待できます。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

既に懲戒解雇の通知を受けているのですね。

それでしたらユニオンの言うことで間違いないです。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

評価くださいましてありがとうございます。

1つ前の私の回答の下段に評価についての記載がありますが、これはすれ違いのタイミングによるものなので重複の評価は不要です。そのままで大丈夫です。

ご相談の件がより良い方向に進むことを願っております。

質問者: 返答済み 2 年 前.

追加の質問です

このままで行くと9月1日以降の私と会社の関係はどうなるのでしょうか

9月10日に健康診断を予定していました(以前より予約していた最寄りの病院で受診予定)

また、歯科に通院中でしたし子供が遺伝性の病気で27日に通院予定です。

8月31日で退職したとして変更の手続きを行うのでしょうか

よろしくお願い致します

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

解雇は会社側から一方的に雇用関係を破棄するというものですので、雇用関係がないことになります。ただ、不当解雇で争い懲戒解雇が無効となれば9月1日から雇用関係が続いていたことになります。そして9月1日から解決に至った日までの賃金を請求することが可能です。

会社は解雇により健康保険の資格喪失を行います。なので、国民健康保険に加入手続きを行うことになります。

※なお、今回は特別に回答させて頂きましたが、ジャストアンサーのサイトルールにより評価後に引き続いての新たにご質問はできないことになっています。ご質問があるときは最初のご投稿のように新規でご投稿をお願い致します。ご了承ください。

雇用・労働 についての関連する質問