JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1052
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

私は歯科医師で日月とある法人の歯科医院で働います。そこは11店舗病院があり。 そこの1店舗で働いております。 今

質問者の質問

私は歯科医師で日月とある法人の歯科医院で働います。そこは11店舗病院があり。
そこの1店舗で働いております。
今回お給料のことでショックなことがありました。1か月仕事をしたのにお給料がもらえないかもしれないということです。
いつもは10日締めの30日にお金が入るとなっております。
どのようにお給料が決まるかというと、保険と自費でどのくらい稼いだかを自分たちで
一覧表にして書き、その紙を本部に届けて計算してもらうということでお給料が出ます。
その締め切りが10日なのですが、今回はお盆が入り、17日までに届けるということになりました。
そのいつもはその日の午前中にスタッフに届けてもらうことが多かったのですが、今回は
すでにみな送っていて、僕だけ遅れてしまいました。そこで本部に連絡をし、遅れたことの謝罪をしお願いしたのですが、あなたは今回お給料なしねの言われ、ショックのあまり
強くお願いし、速達で勝手に送りました。
この場合はお給料が本当にもらえないのですか?
普通のお給料体制はどうなっているのですか?教えて下さい
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
用紙を送るのが遅れたという理由で賃金を支払わないことはできません。
労働基準法24条により、「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。」ことと、「毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。」ことが定められています。
「毎月1回以上」ですから、毎月、少なくとも1回は支払う必要があります。ある月はなしにして、ある月にまとめてという支払いは認められません。
「一定の期日」については、例えば、毎月25日のように決める必要があります。
就業規則に明記された企業秩序違反があって懲戒処分が可能な場合に減給が行われることがありますが、今回の内容では企業秩序違反といえるものではなく減給もできません。
また、労働基準法では「減給の制裁」といって、「1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えてはならない」と定められ、「総額が1賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えてはならない」とも定められています。なので、減給が可能な場合にも制限があります。(繰り返しになりますが今回の内容では一部の減給もできません)
給料はもらうことができるので全額を請求できます。
もし、支払わなければ労働基準法違反なので、労働基準監督署への申告や訴訟が可能です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
勉強になりました。
今月あなたは給料なしねの一言だったので、ショックのあまり相談させていただきました。法律について自分でも勉強した方がいいと思いました。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。
ご返信ありがとうございます。
もし、30日に支払いがないようであれば、先の回答の内容を本部に伝えて請求してみるのが良いと思います。それで支払いがなければ労働基準監督署への申告や訴訟等をせざるを得なくなるでしょう。
速達で送った後に、現時点で本部は何も言っていないのでしたら連絡をして確かめるのもいいかもしれません。給料なしねと言ったのは注意みたいなもので支払うつもりなのかもしれませんが。

雇用・労働 についての関連する質問