JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 嫌がらせの中に「業務を教えない」というものが長くありました。当時の「労働者派遣基本契約書」

質問者の質問

よろしくお願いします。
嫌がらせの中に「業務を教えない」というものが長くありました。当時の「労働者派遣基本契約書」の中に「指揮命令者は派遣労働者が安全、正確かつ適切に業務を処理できるよう、業務の方法、その他必要な事項を派遣労働者に周知し指導する。」というものが有りますが、まさにこれに反する行為だったと今さらながら気がつきました。また、先輩運転手も3人いますが先輩も業務の仕方、処理方法等を教えてくれず、先輩運転手の後ろをノコノコ付いて歩くことがほとんどだったのです。私は業務を身につけていないのですから「小さな業務の嫌がらせ」でも戸惑うことになり、それが、連続的に行われたので精神的苦痛に変わりました・・・。
運転手の募集は派遣先が行っていたものであり、そこに派遣された新入派遣労働者である私に業務の教育をしないというのは戦力になることを遅らせる行為であり、経営上においても何らメリットにならないもので大きな疑問を感じていました。
指揮命令者とは派遣初日に面接し「運転時の交通事故の注意」を言われただけであり、業務に関することは何も教わっていないのです。指揮命令者との面接は録音があり立証が可能です。
「指揮命令者の業務の無教育と無指導」いう不法行為、と言えるものになるでしょうか・・・。
よろしくご教授ください。お願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
安全衛生に関する事項は原則として派遣先が措置義務を負います。
 本件事例が不法行為といえるか(しかも会社=派遣元の使用者責任)は微妙ですが、広義のパワハラに当たることは明らかです。ただ、故意・過失の立証は派遣労働者がわにあります。
★企業側の労働社会保険手続き代行のみならず、従業員側の個別労働関係民事紛争の相談・解決にも積極的に応じています。
kionawakaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

この度は、いろいろとありがとうございました。

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
ご評価ありがとうございます。多少なりともお役に立てれば幸いです。また何かございましたら、お気軽にお尋ねください。

雇用・労働 についての関連する質問