JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

51歳の会社員です。現在、休職上限の2年を目前にして、診断書を取り復職の意思を伝えていますが、会社側からは退職を勧奨

解決済みの質問:

51歳の会社員です。現在、休職上限の2年を目前にして、診断書を取り復職の意思を伝えていますが、会社側からは退職を勧奨されています。そもそも当時の上司が原因でうつ病になり休職に至ったのですが、会社はそれを認めず、逆に私を排除したいようです。
休職取り扱いの書類には復帰部署が明記されていますが、あなたの仕事は無い・引き受ける部署も無い、と言われて退職を勧奨されています。
会社側のこの言い分は認められるものなのでしょうか?従うしかないのでしょうか?また、頑として復職を求めたらどうなるのでしょうか?
退職は致し方ないかとも思っていますが、納得いかない思いもあります。
また、会社都合の割増退職金プラス慰労金を提示されていますが、甘んじて勧奨を受ける前提で金額の交渉は可能でしょうか?
すみませんが本日何らかの返答を求められていますので、早急に助言をいただければと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

医師が労務を提供できる状態であると判断するならば元の部署に戻ることができます。会社の言い分は認められるものではありません。もし、復職を認めないのであれば、その理由をきちんと示す必要があります。

「あなたの仕事は無い・引き受ける部署も無い」は説明不足です。労務を提供できる状態であるとすれば「あなたの仕事はない」ではおかしいです。仕事を与える義務があります。仮に労務を提供できる状態ではないのであれば仕事を与えることはできないというのは理由となります。

このような場合には会社に復職を拒否する理由を書いた文書を出してもらうのが良いです。文書は証拠になるからです。きちんとした復職を拒否する理由があれば書けるはずです。それが書けないとすると書くと会社が困るから書けないのでしょう。

>また、頑として復職を求めたらどうなるのでしょうか?

→ 復職を求めてもそのまま2年で会社が退職ということであれば、賃金を請求して争うことになります。

質問者: 返答済み 2 年 前.

復職を拒否する理由は、私の評判が良くないからだそうです。

休職中に社内で私に関する聞き取りやアンケートを実施した結果だそうです。(それ自体問題ないのでしょうか?)

私のやっていた仕事は複数名で分割しカバーしており、再び評判の良くない私に戻す事はできないとの事です。

立場上およびうつの影響もあった為、評判が良くないと言われたら何も言えないのですが、そもそも原因となった元上司へのけじめを求めた事への仕打ちと思われます。

中小企業でもあり、こうなった以上現実的に復職は難しそうなので、せめて退職金の増額交渉でもできないものかとも考えています。

また、傷病手当金は受給済みですが、労災申請も考えています。

そこで、甘んじて退職勧奨を受けるとして、退職金の増額交渉と労災申請への協力を求めたいと考えていますが、問題はないでしょうか?

よろしくアドバイス願います。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

>復職を拒否する理由は、私の評判が良くないからだそうです。

→ この理由では復職を拒否できません。

> 私のやっていた仕事は複数名で分割しカバーしており、再び評判の良くない私に戻す事はできないとの事です。

→ 元の職場で復職させなければいけません。

本来であれば復職して働き賃金が支払われるところ、正当な理由なく休職を続けられたとして休職期間中で復職とすべきだった日からの賃金を求めることも可能でしょう。

>また、会社都合の割増退職金プラス慰労金を提示されていますが、甘んじて勧奨を受ける前提で金額の交渉は可能でしょうか?

そこで、甘んじて退職勧奨を受けるとして、退職金の増額交渉と労災申請への協力を求めたいと考えていますが、問題はないでしょうか?

→ 増額の金額によっては退職を受け入れるという交渉は可能です。労災申請の協力を求めることも可能ですが協力しないでしょう。労災をあてにして退職のプランを立てないほうが良いです。なぜなら一般的な傾向としてパワハラによる精神疾患で労災が認められる可能性はかなり低いです。昔よりは少し改善されているというぐらいでなお認められる可能性は低いものとなっています。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問