JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

めまい等の不定愁訴があり、自律神経失調症の診断にて通院しておりました。 会社規定では2週間以上の連続休暇で診断書の

解決済みの質問:

めまい等の不定愁訴があり、自律神経失調症の診断にて通院しておりました。
会社規定では2週間以上の連続休暇で診断書の提出が義務付けられているようですが、条件には至らないものの突発での休暇や残業ができない状態もあり上司から求められ通院証明を提出。
翌月会社よりしばらく療養してはどうかと打診されましたが、医師は休養はしない方が良いのではないかという判断のもと診断書は出ず。
私自身も休養して良くなる印象もないため会社に断ると、以前提出した通院証明で処理するからということでなかば強制的に一度目の療養休暇に入りました。
しかし二週間を過ぎたあたりで人事課長から診断書を求められます。
診断書が出ないことも再度伝えたが、病名は何でも構わないので精神科にでも行って書いてもらってこいと強要されました。
数件の心療内科・精神科にも行ってみたが、精神的な病は無いということで診断書は出ず。
もう一度人事課長に掛け合い休んだ分に関しては欠勤で構わないので復帰を求めるも、「一度休んだ以上は診断書は必要・診断書が提出できないなら解雇事由になる」と譲らず。
診断書の貰い方として精神科の問診票に死にたいと書けば一発だ!とか芝居が下手だとか散々な言われようでした。
その後とある精神科にて事情も含め相談。診断書も出ず復帰もままならない状況が体調不良に拍車をかけているという判断で、不安障害という病名にて診断書が出る。
数ヶ月後復職。
ある先輩と同じ業務を行うようになったのだが、私の体調不良に対して過剰な対応。(俗に言うパワハラ)
上司に相談するも証拠が無いということもあり対応は無し。業務に支障をきたすようになっても、私や周りに仕事を被せることで対応。
業務過剰もあり次第に体調が悪化。
二度目の長期療養休暇へ。
体調も落ち着きはじめ医師と復帰についての話になったころ、会社より転院を求められる。
転院した病院でも不定愁訴についてはうまく付き合っていくしかないという判断から復職をという話になったが、会社(人事課長)は精神病再発につき完治でなければ復帰は認められないとのこと。
そもそも精神的な病と診断された理由は、人事課長による理不尽な診断書云々の話だったはずです。
以前から不定期に起きるめまい=精神病・まして再発という判断をなされるのならば、そもそもの休暇に入った経緯に問題があったという気持ちが強く出てきます。
不調はあれど診断書が出ず休暇を取れないという私を、ある意味騙すような形で休暇取得させ規約を理由に後出し診断書を強制する。
それに立場的なものを利用したパワハラ。(先に書いた暴言等)
これらの行動は問題にならないのでしょうか?
そもそも会社判断で強制休養させるなら、診断書が必須というのもおかしな話だと思うのですが。
そして現在に至りますが、療養期間が1年半を超えました。
2年で復帰が認められなければそのまま退職となってしまうのですが、復帰の方向ではなく期限切れを待たれているような印象もあります。
心療内科医とも診断書だけの関係を会社が必要としているだけで、転院を求めても許可してもらえません。(医師と私の関係は今や最悪)
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

>医師は休養はしない方が良いのではないかという判断のもと診断書は出ず。
私自身も休養して良くなる印象もないため会社に断ると、以前提出した通院証明で処理するからということでなかば強制的に一度目の療養休暇に入りました。

→ 医師が休養しない方が良いといったのは、働ける状態と判断してのことでしょうから会社に無理に休みにされたのは問題があるでしょう。

>数件の心療内科・精神科にも行ってみたが、精神的な病は無いということで診断書は出ず。
もう一度人事課長に掛け合い休んだ分に関しては欠勤で構わないので復帰を求めるも、「一度休んだ以上は診断書は必要・診断書が提出できないなら解雇事由になる」と譲らず。
診断書の貰い方として精神科の問診票に死にたいと書けば一発だ!とか芝居が下手だとか散々な言われようでした。

→ 精神的な病はないという判断なのですから診断書は書けないのは当然です。それにもかかわらず「診断書が必要・診断書が提出できないなら解雇事由になる」と言ったのは問題があるでしょう。精神的な病はないという判断である以上、復帰させるのが当然です。

「無理やり休ませたこと」、「無理やり診断書を出させようとしたこと」、「精神科の問診票に死にたいと書けば一発だ!とか芝居が下手だ」の発言はパワハラです。

>転院を求めても許可してもらえません。

→ 貴方の転院に会社の許可は不要です。

人事課長とこれまで何度も話し合う機会があったのでしたら、これからも話し合う機会はあると思います。その会話をICレコーダー等で録音すると良い証拠がとれるかもしれません。例えば、「言ったかもしれないが、証拠はないだろう?」の発言をまた繰り返すかもしれません。「言ったかもしれない」の発言でも貴方にとってはプラス材料となります。

質問者: 返答済み 2 年 前.

倫理的に問題があるということは私も想像できますが、この状況を好転させる為の手段について助言をいただきたく思った次第です。

現時点では証拠不十分で何らかの対応をとるのは難しい。(復職方向で穏やかな解決)

ICレコーダーで録音など証拠集めをしたのち、この問題について異議を唱える。(退職を視野に法的に争う)

という認識でしょうか?

転院を会社が認めないのは、私の症状に対しどこの病院でも診断書が出るということではないからです。

診断書が出ない→就労規則上療養休暇とならない→傷病手当金も出ないし当然解雇。

会社側は一向に構わないが、困るのは君・・・会社側からも君のために診断書継続を医師にお願いしてあげているというスタンス。

質問文からもご理解いただけていると思うのですが、ここが一番復職にあたり障害になっているところで・・・。

会社の考えは診断書が出ない=療養休暇の必要までは無い→復職許可ではないのです。

この考え方自体が当たり前なのか疑問なのですが。。。

また人事課長は復帰判断は医者では無く俺(会社)がするものと仰っていたことがありました。

残り期間が半年を切り、このままではズルズルと退職を迎えてしまいます。

再度書きますが、この状況を好転させる為の手段について有るのならばお聞かせ願いたいです。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

ご返信ありがとうございます。

>現時点では証拠不十分で何らかの対応をとるのは難しい。(復職方向で穏やかな解決)

→ 会社は自然退職又は解雇(どちらになるかは就業規則の定めによります)を待っている状況であり、それはあと半年後のことなのですから復職を求めていくことになります。穏やかな解決になればよりよいですが、会社が復職を認めたがらないのであれば、穏やかな解決にならず弁護士に依頼するなどして復職を強く求めることになるでしょう。

>ICレコーダーで録音など証拠集めをしたのち、この問題について異議を唱える。(退職を視野に法的に争う)

という認識でしょうか?

→ 復職は求めつつも証拠を収集したほうが良いです。訴訟等をするかどうかは状況によって判断することになります。訴訟等をしようと思ってから証拠を収集するのでは遅すぎます。後々に備えて証拠を収集しておくのが良いです。

また証拠があれば訴訟等だけではなく直接交渉にも役立ちます。

>また人事課長は復帰判断は医者では無く俺(会社)がするものと仰っていたことがありました。

→ 会社が最終的な判断をしますが合理的な根拠が必要です。医師が働けるという診断をしたときに会社が復職を否定するだけの合理的な根拠を示せるかです。なんでもかんでも会社が自由に決めて復職を否定することができるわけではありません。

なので、会社が復職を否定するのであればその合理的な根拠を文書で出してもらうなどの要望をしたほうが良いです。

既に1年6か月経過しているとのことなので、これまで通りお一人で会社と交渉するだけでは難しいと思います。できれば労働問題を多く扱っている弁護士に依頼したほうが良いです。それはすぐに訴訟するということではなくて、内容証明の送付や代理交渉などです。特定社会保険労務士に労働局のあっせん代理を依頼するという方法もありますが、あっせんに強制力がないなどのデメリットもありますので、でいれば弁護士に依頼したほうが良いです。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問