JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 410
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

育児休業規則について、質問させてください。現在私は、在籍会社のグループ会社へ出向しています。在籍会社での規則では3歳

解決済みの質問:

育児休業規則について、質問させてください。現在私は、在籍会社のグループ会社へ出向しています。在籍会社での規則では3歳まで時短勤務可。出向先での規則は小学校就学前まで時短勤務可になっています。私には子供が2人いて、上が9歳。下が3歳です。今回、在籍会社から”出向者は在籍会社に準ずるから今まで取り扱いが間違ってたから来年度からフルタイムにしてくれと言われました。ただ、出向社員規則では、勤務時間、勤務形態は出向先に準ずる。休暇については、年次有給及び忌服休暇は在籍会社に準ずる。とあります。なので、上の子の時も下の子の時も出向先に準じて育児休業の時短を利用してきました。が、在籍会社は、会社間の協定書を出してきて、その協定書には、勤務時間、勤務形態は出向先に準ずる。休暇については、年次有給、その他休暇は在籍会社に準ずる。とあって、育児休業はその他休暇の中に含まれる為在籍会社に準ずるのが正しいと。出向社員規則に書かれてるものと、会社間の協定書に書かれてるものの内容が違ってますがと伝えたところ、出向社員規則が古いままなだけと言ってます。
ただ、社員は会社間の協定書は通常見れない状況で、規則部分しか社内ネットには載ってません。なので、出向社員が自分の勤務形態等を協定書で確認は出来ません。
また、出向社員規則は古いままと言ってますが、協定書との不一致部分が改定されたのも、会社から又は組合から連絡は来ていません。(通常は社内メールにて通知がくる)
また、取り扱いに誤りがあったと在籍会社は言ってますが、上の子の時も時短勤務を出向先に準じて取得してきましたので、会社の主張を聞くと6年以上取り扱いを間違ってたことになります。
私としては、在籍会社の言い分は労働法の社員に対して明示しなければならない。社員に対して不利益な変更をしてはならない。また、出向社員が閲覧する規則を最新版にしていなかった。(会社の古いままとゆう主張だと)等在籍会社の不備、違反部分があると思うのですが。その上、自分達のミスによってうまれたしわ寄せを来年度からフルタイムにしてとゆう一方的な要望。
労基署又は労働局にあっせん依頼をしようと思いますが、法律専門の方々からみて、この内容どう考えるかを知りたいので、見解を教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に有難うございます。 只今文面内容拝見させて頂きました。貴方のおっしゃる通り、会社側の法律違反は明白といえます。 会社は閲覧する就業規則が古いままであったといわれていますが、労働基準法にも定めがある通り、就業規則は従業員がいつでも見られるよう周知させなければなりません。 そして、就業規則が有効となるためにはこの周知こそが必要不可欠とされています。それ故、貴方にとりましては古い規則の方が有効であり適用されることになります。 加えまして、会社間での出向契約が貴方の労働条件より優先するという会社側の主張は法的にも全くおかしな話です。そうであれば、出向社員の労働条件はいくらでも出向契約により引き下げる事が出来るからです。この点もご認識の通り、労働契約法違反となる同意のない労働条件の不利益変更であることに相違ございません。 従いまして、労働基準監督署に上記法令違反である事を申告された上で、あっせん手続による解決を図られる事が妥当といえます。あっせんですと無料になりますし、会社側も明白な労働基準法違反を犯しておりかつ不手際の事実も自認されていますので、これ以上会社のイメージを損なわない為にもあっせんに従い解決に応じてくる可能性は高いものといえます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
お世話になっております。
お忙しい中、質問に答えてくださりありがとうございます。
在籍会社との話の際、”規則を元に労働局に電話で問い合わせたら、話だけを聞くと在職会社に準ずるのが通常の取り扱いと言われたので、会社の方からも専門の方々に再度確認して欲しい”旨伝えてます。そして、在籍会社は来週頭に労働局に電話で確認すると言ってます。ただ、在籍会社は、規則ではなく、協定書を元に問い合わせると思うので、多分私への回答も、在籍会社に準ずるとゆう回答をしてくるかと思います。そうなったら労働局か労働基準監督署に行こうかと思いますが、どちらがいいのでしょうか?
私以外にも数名被害に遭われてる方もいますので、今のところ在籍会社が今年はいいから来年度からフルタイムにと言ってる為、今年中には専門機関から指導等していただきたいと思ってます。
度々の質問申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
こちらこそご返事下さいまして有難うございます。 ご質問の件ですが、規則ではなく、協定書だけを元に問い合わせるというのは明らかに片手落ちといえます。出向時の取扱いを含めまして従業員の労働条件が示されているのは就業規則であって会社間の協定書ではございません。以前の就業規則では異なる扱いが定められている事、そして貴方には新しい就業規則は周知されておらず古い就業規則しか周知されていない事、この2点をしっかり示す事が重要になります。 そして問い合わせ先ですが、労働局の下部機関が労働基準監督署ですので通常は会社の近くにある監督署に申告します。どちらへ行かれても特に違いはございません。但し、万一監督署の対応が良くなかった場合は労働局へ行かれるとよいでしょう。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます!
専門の方に後押ししていただき、また、自分なりに調べたことも間違いじゃなかったことが分かり、大変勇気が出ました。
お陰様で、出向先の方達は私が時短でしか働けない現状を理解してくださってて、仕事を続けるのを望んでくれてますので、来週、在籍会社からいい回答を頂けなかった場合は、監督署、もしくわ労働局に規則と協定書を持参の上訪問したいと思います。
お時間割いていただき、アドバイス等ありがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問