JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 279
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

飲食店の店長をしている者ですが、ここ最近私を含めてほかの同僚の労働時間が、明らかに36協定違反となっていることが当た

質問者の質問

飲食店の店長をしている者ですが、ここ最近私を含めてほかの同僚の労働時間が、明らかに36協定違反となっていることが当たり前のようになってきており、月の残業時間が100時間以上の方もいます。当然、休みはほとんどなく倒れてしまう社員も出てしまいました。
ABCマートの問題同様のことが起きないように、会社側は努力はしているのですが、とても現場では解決できそうにありません。原因は様々ですが、まず根本にあるのが人出不足であり、それでも年中無休で営業しなければならないということ。それ加え、経営陣の現場の体力を超えた出店計画が大きいと私は見ています。新店ができると、そこの店長とその上司であるエリアマネージャーは朝早くから晩まで(9時から24時。当然家には帰れない)休みなしで働くことが当たり前になっていて、とても合法的とは思えません。そういう状況をみている普通の方が「ここで働いてみよう!」などの発想がわくことは難しく、益々人的不足が発生し、そのしわ寄せは現場を任されている店長にきてしまいます。この負のサイクルを止めるには、公的な機関を利用するしかないと考え、ご相談しました。お力をお貸し下さい
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

>公的な機関を利用するしかないと考え、ご相談しました。お力をお貸し下さい

→ どのようなご質問でしょうか?

※ジャストアンサーではご相談を受けておりますが、ご相談頂いた方と同行したり直接、会ってのご相談はしておりません。

雇用・労働 についての関連する質問