JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 403
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

現在、介護(グループホーム、小規模)で夜勤専門をしています。勤務時間は、16時〜10時(18時間拘束の16時間勤務)です。職員が少ない為、月12回の夜勤で休日は4〜5日です。 週

解決済みの質問:

現在、介護(グループホーム、小規模)で夜勤専門をしています。勤務時間は、16時〜10時(18時間拘束の16時間勤務)です。職員が少ない為、月12回の夜勤で休日は4〜5日です。
週1日は休みがありますが大変キツイ状態です。施設長に相談しましたが、夜勤専属契約なんだから、これが普通と言われました。嫌なら契約をやり直すかとも言われました。確かに、他の人より給料は多いのですが、体がもちません。しかも給料明細の勤務日数は22日と記載されています。勤務時間は実際の勤務時間が書かれています。結局、最後には私が甘いような感じになりました。他の施設も同じような感じなのでしょうか?
宜しくお願いします。
45歳 男性
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 2 年 前.
この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。 只今文面内容拝見させて頂きました。 確かに介護業界は深刻な人員不足ですし、特に小規模施設では多くの夜勤や長時間労働等が当たり前のようになっているといえるでしょう。労働基準法でも直接夜勤回数や時間を制限する定めはございません。 しかしながら、使用者には労働安全衛生法や労働契約法に基づく安全配慮義務がございます。安全配慮義務とは、従業員が職場で健康で快適に業務に従事できるよう使用者が配慮しなければならないといった義務です。 もし貴方が本当に現状の勤務が厳しいという事でしたら、まずはそれを率直に施設長に申し出られるべきです。多少給与が減っても勤務日数や時間を減らしてもらうべきといえます。それがどうしても無理という事でしたら、もはや施設で働き続ける事は危険ですので、他の仕事を探されると共に労働基準監督署へご相談される事をお勧めいたします。給与明細の勤務日数が実際より少なく書かれているようですが、事実とすればこれは違反行為といえますし給与額も実際よりも少なく計算されているかもしれません。いずれにしましても、過酷な労働環境も含め会社の不手際を追及する事は可能といえます。
jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問